これが愛じゃなければ

 これがー愛じゃーなければーなんとー呼ぶのか

僕はー知らなかったー♫


 はい、これは米津さんの『馬と鹿』のサビ部分の歌詞です。このフレーズを聞いたときの旦那と私の会話がこちら。


私「愛以外の言葉が見つからないってことだから、それを愛と呼びたいんだよ」


旦那「知らなかったって過去形じゃん。つまり愛以外の言葉を見つけたんだよ、米津は」


私「米津言うなー!米津と言えー!米津さんは!それを!愛と呼びたいのー!」


旦那「米津は、愛以外の言葉を見つけた」



 このフレーズだけを聴いて考察する二人。もっと聴き込んでから語りましょう。


 しかし、呼び捨ては許せませんね。そんな旦那は米津さんのハチ時代の曲が好き。同じ人だよ?って言っても


 「ハチ時代は良かったなぁ」


と遠い目をしやがるのです。ハチPでも米津さんでも素敵なことに変わりはありません。私も『リンネ』とか好きですし。


 そんな旦那が最近可愛いことをしてくれました。


 私、米津さんのらりるれろの発音が好きなんですが(マニアック?)、それを何気なく話したところ、急に旦那が、


 「れーいっ。れーいっ」


 と『海の幽霊』の“れい”の部分を練習し始めたのです。米津さんの“らりるれろ”を再現しようとする姿に思わず笑ってしまいました。


 あまりに可愛かったのでこれまでの米津さんに対する失礼を許してあげようと思います。


 という若干惚気になってしまいましたとさ、おしまいっ。ちゃんちゃん。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます