無心になりたい

 私はしばしば、頭を空っぽにしたい衝動にかられます。何も考えたくない。何も吸収したくない。大好きな読書でさえ拒んでしまうような、そんな日。


 今日はまさにそんな日でした。


 無心になりたいとき、私はミサンガを作ります。ミサンガって学生時代流行りましたよね。私の周りだけですかね?


 当時の私はミサンガなんて女の子っぽいの作らない系、というか、作れない系女子でした。もっぱら友人に作ってもらう方でした。


 バレンタインとかも学生時代は一切作らず、男子にチョコを渡す日というより、女の子からチョコもらう日、という認識の方が強かったです。


 そう考えると私、女子って言うより男子に近かったのかな……。


 あ、でも大丈夫です。大人になってからはちゃんと恋人に(渋々)チョコを作りましたし。


 脱線しちゃいましたが、ミサンガです。こちらも大人になってから何故だか作りたい欲がむくむくと湧き上がってきて、思い出したように、ちょこちょこちょこちょこ作るようになりました。


 今日は糸を九本使う斜め編みのミサンガを作ろうと、無心でただひたすら糸と戯れ続けました。


 結果、とても疲れました。


 でも何とか完成しました。完成品を見ると妙な達成感が生まれます。この達成感があるからやめられないのでしょう。


 しかし、出来たミサンガは派手な太陽カラー。自分で作ってなんですが、派手すぎて付けるのを躊躇います。何でこの色にしたのか。元気が欲しかったんですかね。


 誰に渡すでもない完成品はお気に入りの缶の中にそっとしまっておきます。おやすみミサンガ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます