夜食

 いや、私だってダメだと思うよ、基本は。


 夜は寝るものだし、ご飯は決められた時間に一日三食が当たり前だ。


 そもそも寝る前に食べるだなんて、胃腸を疲れさせてしまうに違いない。翌朝起きて「ああ疲れたな」なんてことになりかない、禁断の行為だと思う。


「――うむ、大家殿の言い分はよく分かった」


 コタツテーブルの前で正座する武士は、深く頷いた。そして、ゆっくりとした動きで私を指差す。


「……ならば、その手に持ったお椀は一体何なのだ?」


 指の先には、どんぶり。


 中には、味が濃い目の煮込みうどん。


「うどん?」


 そう、うどん。


 ――本日のお夜食です!!


「実になっとらん!! 今は夜の一時であるぞ!!」


 だから腹が減ったんだろうがよ!! 晩飯食べたの七時だぜ!?

 ドラクエって面白いからついつい時間忘れてやっちゃうよな!!


「まことにな。まさかあそこであんな展開になるとは……!」


 おーっと話はそこまでだ、うどんが伸びてしまう。


 ああ、お前はいいよ。私が食べたかっただけだから。そうだな、お前は私が食べてる内にレベル上げでもしてもらって……。


「いただきます!」


 うむ、素直でよろしい。




 そうして、二人でずるずるとうどんをすすった。

 あー、ダメだよな、ほんとこれはダメだよ。しかしこの背徳感が最高だ。美味しい。


「卵までつけておるとは、大家殿は実にワルであるな……!」


 そうだろう。半熟がいいんだよ、半熟が。

 こう、煮込みながら途中で卵を落とすのがいいんだ。それが美味いんだ。


 汁までしっかり飲み切り、満腹になった身を布団に横たえる。眠るには腹が満ちすぎた。これはもう少し時間を置かねばならない。


「大家殿、明日は其と鍛錬をするぞ! 鶏が鳴く前に起き、走り込んでうどんを帳消しにするのだ!」


 同じくしっかり汁まで飲んだ武士は、そう息巻いていた。


 うんうん。そうだなそうだな。

 こうした背徳感から来る翌日への決意も、夜食ならではなのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます