小説

 趣味で小説を書いている。


 書き上げればインターネット上で公開し、たまに反応があれば嬉しい。それなりに時間は食われるが、金がかからないいい趣味だと思う。


 で、何故突然こんな話をしたかというと。



 武士にバレたのである。



「読みたい」


 武士は私の前に正座すると、そう言った。

 いや、誰が読ませるか。


「何故だ。そこに行けば誰でも大家殿が書いたものが読めるのだろう? 某とてその内の一人ではないのか」


 嫌なもんは嫌なんだよ。

 小説なんざアレ、自分の性癖を文章化したようなもんじゃないの。

 ヤダよ同居人に性癖博覧会ブック叩きつけるの。お前も嫌がれよ。


 ほら、せーのでやっぱ見たくないでござるって言おう。

 せーのっ。


「見たい」


 しつけぇなコイツ。


 私は、一向に正座を崩す様子の無い武士に呆れ果てた。

 大体、私がどんな小説書いてると思ってるんだ?


「そりゃあ、心優しき大家殿のことだからな。桜の咲く頃に出会った男女が互いに想い合うも、片方が病気で先が長くなく、だが最後には全てを超えて結ばれるような、そんな“らぶすとおり”を書いておるに違いない」


 一息で言い切ったな。


 しかしお前、私をそんな風に思っていたのか……。


「違うのか?」


 うん、違うね。


 私が書いてるのはホラーですよ。


「ほら?」


 ほら話だと意味合い違ってきちゃうな。間違いではないけど。ホラーだよホラー。

 おばけ。幽霊。妖怪。ヒュードロドロ。


「……」


 まあ、お前がどうしても読んでみたいと言うなら、仕方ない。私も感想とか欲しいしね。大丈夫大丈夫、それほど怖くもないから。

 ……おい、どこへ行くんだ武士。まだ話は終わってねぇぞ。

 は? 筋トレ? こんな時間に? 行くのはいいけど私の話聞いてけ、な? これは最近聞いた都市伝説の一つなんだけど……。


 待てよ、武士! オイ! お前が言い出したんだろ! 待てコラ聞いてけえええええ!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます