ホラー映画

 怖い話が好きである。

 私のことなのだが。


 そんなわけで、我が家の本棚にはホラー小説がズラリと並んでいる。

 しかし武士が来てからというもの、日々ドタバタとしており、そうしたものを見る機会が少なくなっていたのだが……。


 ふいに見たくなった。ホラーものってある日突然波が来るからわかんねぇよな。


 そういうわけで、もうすぐ日本でも続編が公開される『IT』を借りてみようと武士(暇人)を連れてTSUTAYAに来たのだが。


 ホラーの棚に行こうとした瞬間、武士が動かなくなった。


「悪い気を感じる」


 言い訳がスピリチュアルである。


「なんだこのおどろおどろしい場所は。こんな淀んだ所に足を踏み入れようものなら、すぐに悪しきものに取り込まれてしまうぞ」


 なんのかんの言って足に根が生えたように動きゃしない。武士の両腕を引っ張って引きずり込もうとしたが、体幹を鍛えた武士は本当にびくともしなかった。


 さてはおばけが怖いんだな!?


「ハハッ、何を言う大家殿。おばけなんざおらん、おばけなんざ嘘だ」


 寝ぼけた人が見間違えたのさってか。

 じゃあ来いよ。一緒に『IT』探そうぜ。


「やめろやめろやめろ。呪われてしまう」


 こんな薄いコンタクトで呪われるか! 貞子とかわざわざビデオとか見なきゃいけないんだぞ!

 いや、『貞子3D』ではニコニコ動画で貞子配信してたっけな。スマホからも出てきてたし。案外うっすいコンタクトでさっくり呪われるのかもしれない。


 まぁいずれにしても映画の話だから。


「大家殿、こっちにしよう。こっちは実にかわいいぞ」


 そう言う武士が指差すのはアンパンマンのコーナーである。だから幼児かお前はよ。




 結局、間を取ってクレヨンしんちゃんになった。

 『ヘンダーランドの大冒険』を借りた所、その独特の不気味さに途中大いに武士はビビっていた。

 いやぁ、よく作り込まれてるよね。私は大いに満足したのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます