ちょんまげ復活

 役者志望の人なんです。だから今も役になりきってて。いやほんと。ほんとですってマジで。



 そんな事を言いながら、武士を美容師さんに押し付けた。この程度のフォローで怪しまれずに髷を結ってもらえるのか甚だ疑問だったが、ここまで来たら後はなるようになるしかない。


 肝心の武士は、いっそ腹が決まったのかどっしり構えていた。


「頼もう!」


 道場破りかな。


「これからオーディションなんですね! すごいなぁ、応援してます!」

「うむ、苦しゅうない」


 美容師さんは流石対人商売の達人といった所で、ニコニコと武士に話しかけている。事前に武士には「何を言われてもウンウン言ってろ」と言い含めてはいるものの、私は武士が何かボロを出すんじゃないかと気が気ではなかった。


 怪しいと思って通報され、家宅捜査になれば言い逃れはできない。うちにはモノホンの刀が置いてあるからだ。


 ……考えていても仕方ない。私は武士を待っている間漫画でも読もうと、設置されてある本棚に向かった。


 そこで、驚愕する。


 ――『嘘喰い』、全巻揃ってるじゃん……!!


 最近仕事や武士で忙しく、新しい漫画に手を出すことができていなかった。前々から読みたいと思っていたのだが、まさかここで出会えるとは……!!


「大家殿、終わったぞ」


 気づけば、武士のことなどすっかり忘れて漫画を読みふけっていた。帰ったら電子版を買おうと心に決めつつ、振り返る。


 見上げた武士は、こざっぱりしていた。


「やはり髪結いにやってもらうと気分が違うな! 大家殿、また来ようぞ!」


 ちょんまげも復活して大層ご機嫌である。その向こうで、美容師さんが頭を下げる。


「マネージャーさん、お待たせしました。オーディション頑張ってくださいね!」


 知らないうちにマネージャーにされていた。どんな会話が繰り広げられたというのだろう。


 しかしそれを尋ねるのも怖く、次回頼む時はどんな口実を作ろうか……と考えながら、私達は美容院を後にしたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます