第8話 つまらない程に日常

私…キッチンばさみを使う。うっかり出しっぱなしにする。

父「おい! 使ったらちゃんとしまえよ!」

私「ああ、すみません。」



父…キッチンばさみを使う。片付けるという概念はない。

私…指摘しても屁理屈攻撃で自分が疲弊することを学習しているので無言でしまう。



父…キッチンばさみを(後略)

私…(前略)無言でしまう。

父「おい! 俺がここに“置いておいた”ハサミ、どこに持って行った!」

私…疲弊する。



父「おい! ハサミがないぞ! 使ったらちゃんとしまえよ!」

私「いや使ってないです。」

父「まったく! またお前はそうやって知らないふりを…」

私「お父さん、さっきスーパーのチラシの割引クーポン切ってなかった?」

父「……あ。」

私「あの後、ハサミどこに置いたの?」

父「……う~ん、こっちの別のハサミでいいや(チョキチョキ)」





我が家の台所はハサミが増えたり減ったりを繰り返している。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る