第4話 団塊の世代はインターネットの夢を見るか

「バカッター」という言葉が流行ったのはひと昔前ではあるが、今日も何処かで誰かが炎上する。そしてニュースになる。


「まったく! くだらねぇな!」


ワイドショーの“またまた不適切動画が!”というニュースを眺めながら父が怒鳴る。


「こんなひでぇことしやがってよ! なんだ、YouTubeっつーのは金儲けのためにあんのか!?」

「あ~、私もあんまり知らないけど、閲覧数によっては企業と契約して広告料が入るらしくてね…」



また別の日。


“…というツイートをした男女を警察は○○法違反の疑いで逮捕し…”



「まったく! またかよ!」


父の怒りは過熱する一方である。


「こんなふざけたことしやがってよ! なんだ、Twitterっつうのは儲かんのか!?」

「あ~、いやYouTubeとは違って直接広告料が入るってワケじゃないけど……」



……ん?


『儲かんのか』…?



父の台詞に一抹の違和感を覚えた。



いやまさか。いくら何でも自分の父が「インターネットでひと儲け!」なんて夢を抱いているはずがない。そう思いたい。信じたい。









「……俺もそろそろ終活を進めなければならない」

「はあ」

「で、倉庫に俺が集めた文学全集(それなりに貴重品。図書館にもそうそうないレベル)があるだろ」

「……はい」



「あれ、『メルカリ』で売ろうぜ!」



……ついに来た。YouTubeでもTwitterでもなかったが、やはり彼はインターネットに夢を見ていた――。




「いやお父さん、あれはさすがに専門の古本屋さんに見てもらったほうがいいって」

「いや! ああいう店は買い叩かれるだろ!(謎の不信) ネットなら高く売れる!(謎の自信)」



父よ。顔の見える相手より見えない相手を信用するのか。夢見すぎだろ。



「…お父さん。」


私は興奮する父をなるべく刺激しないように静かに言った。


「メルカリに出品するには、まず(中略)だいたい考えてみてくださいよ、誰が会員登録して(中略)そして仮に買ってくれる人がいたとして、あの大荷物をどんな方法で梱包するとか、送料どうするかとか、『写真と違う』なんてクレームが来たらどうするかとか、いったい誰が……」



…って言えば諦めると思ったけど、父のあの目は「そういうメンドクセェことはお前がやるに決まってんだろ」と言っていた。




や ら な い よ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る