第4話 スイングバイ

「ねえララちゃん。この真由ちゃんがどうしても攻略できないんだけどさ。何処で引っかかってるのかな?」

「ネタバレは厳禁となっております。人型機動兵器トリプルDのOSに美少女ゲームをインストールするのは如何なものかと思います。しかも18禁など公序良俗に反する行為です」

「ケチ」

「後で叱られても関知いたしません。私は無関係です」

「いやー、ララちゃんのその怒った顔が最高だよね」

「それは貶しているのですか。褒めているのですか」

「勿論褒めてます。ボクは嘘つかない」

「確かに遠山伍長は正直ですね。しかし、欲望に馬鹿正直なところは改めた方がよろしいかと存じます」

「それは人間のさがだからしょうがないよ。ところで、急に敬語使うなんてどうしたのさ」

「元々の設計者の癖でしょう」

「あ、由紀子ちゃんの事?」

「そうです」

「あの子も突っ込みはキツイのに言葉は馬鹿丁寧なんだよね。そういうの何て言ったっけ」

慇懃無礼いんぎんぶれいと申します」

「そうそう慇勤無礼いんきんぶれい

「濁点が抜けると下ネタになります。拳があればぶん殴ってやる所ですよ」

「あはは、ごめんごめん。由紀子ちゃんの事思い出したらだんだん腹が立ってきたよ」

「お気持ちは理解しますが冷静な対応を希望します。もうすぐスイングバイに入ります。途中より再加速をいたしますのでご準備ください」

「わかりました。ではセーブしてログアウトしてっと」


 月へ落ちていく。


 月の重力に捕まり、そして反対側に投げ飛ばされる。それに月の公転速度が加わり加速される。


 これが加速スイングバイ。


 ここでプラズマロケットを噴射しさらに加速する。


 そして小惑星へ背後から接近し対小惑星破砕弾頭ゼウスの雷をぶち込むのだ。


「ララちゃん聞いていい?」

「はいどうぞ」

「どうしてバックから突っ込むの? 前からの方が相対速度が大きいから威力が上がるんじゃないの」

「また下ネタを」

「ごめん。今のは不可抗力」

「正面からだと破片が全て自機へ向かってきますよ」

「ああそうか」

「それに、相対速度が設計速度より早い場合は確実な起爆が見込めません」

「なるほどね」


 機体は放物線を描き月に最接近する。月を掠め再び離れていく。

 そして推進用のプラズマロケットが点火された。


「くはー。この加速は効くね」

「ガタガタ言わないで下さい。あと30秒」


 ララは相変わらず冷静だ。AIだから当然だけど、この人間味のある彼女が冷静でいてくれる事は気持ちが落ち着く。


 レーダーが正面に小惑星を捉えた。光学カメラも小惑星を捉えその映像を映し出す。その小惑星は歪なコンペイトウの様な形状をしていた。


「予定速度に到達しました。加速終了します」

「了解」

「ゼウスの雷発射まであと30分です」

「了解」

「核弾頭の起爆コードを受領しました。15分後に入力お願いします」

「了解」


 来た。

 初めて扱う核弾頭。

 訓練では何度も繰り返してきた手順だけど実戦では初めてだ。

 

 今は26世紀だけど、未だ無くなっていない核兵器。そして有用な兵器として普通に運用されている。そんな核を携えている自分に興奮する。反核運動家からは核を使用した悪魔なんて罵られるのだろうけど、そんなことはどうでも良かった。


 東京の命運を握っている緊張感と高揚感に包まれる。よくからない感情だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます