第25話 事件解決は速やかに

 本格的に事件を解決すると言っても、既に探偵タロットの能力で、事件の大筋は掴んでいる。

 やる事と言えば、犯人を特定する為の、詰めの作業くらいだった。


「それじゃあ、やりますか」


 俺はふうと息を吐いた後、徐にロレンの両腕を持つ。


「平君?」

「レビィ、ちょっと動かすから手伝って」


 その言葉にレビィが頷き、二人でロレンの体を横にずらす。


「……あった」


 ロレンが寝そべって居た芝生の中心。

 そこだけ芝生が抉れていて、土が露出されて居た。


「何これ?」

「弾痕だね」

「弾痕?」


 レビィが首を傾げる。

 俺は小さく頷いた後、ロレンを見下ろしながら説明を始めた。


「さっき探偵タロットでロレンの体を調べたら、体の中心に穴が空いていたんだ」

「そうなの?」

「うん。多分ロレンは、ワインを飲んだ時に、どこからか狙撃されたんだと思う」


 そう言いながら、今度は芝生の剥がれた土面を見つめる。


「芝生の剥がれた周辺には、金属のような物は検出されなかった。つまり、これは石か土を利用した、長距離狙撃魔法による殺人だ」

「どうして、長距離の攻撃だと断言出来るのですか?」


 後ろに居たグラスが尋ねてくる。


「穴の抉れ具合から、飛んで来た物の大きさは、親指程の大きさと言う事が分かります。そして、その物質は、ロレンの体を上から斜めに通過している」


 自分の腕で、飛んで来た角度を表現して見せる。


「さて、この角度で狙撃されたと考えると、犯人が居る場所は……」


 腕の先を三人で眺める。

 そこにあったのは、この広場を一望出来る小さな山。


「あそこだ」


 そう言って、安堵の息を吐く。

 何故安堵の息を吐いたか。

 それは、その山がある場所が、レイン帝国領だったからだ。


「グラスさん。レイン帝国には、あの山からこの男をピンポイントで狙撃出来る術者は、居ますか?」

「……」


 難色を示すグラス。

 恐らく、自国の戦力についての話は、したくないのだろう。


「レビィ」

「私!?」

「コルカ王国に、これが出来る人間は?」

「えーと、一流の術者であれば、出来なくも無いだろうけど……」

「けど?」

「これだけの狙撃精度を求めるなら、現場に術の軌道をサポート出来る人が居ないと、多分無理だね」

「と、言う事は……」


 俺は眼鏡のタロットで、皇帝(エンペラー)の能力を発動する。


「ルビー、聞こえる?」

「はーい。バッチリ聞こえてるよお」

「俺達が会話している最中に、変な事を話してる人居なかった?」


 それを聞いたルビーがふふっと笑う。


「いやあ、まるで背中に目玉が付いているかの様だね」

「つまり、居たと」

「うん。長谷川君達の真後ろ。広場の外れに居る青い服の男と、その横に居る緑の服の男」


 それを聞いた瞬間、レビィがそちらを向こうとする。


「刑死者(ハングドマン)」

「ムグゥァァ!?」

「あからさまに見たら、犯人を特定出来たのがバレるから」


 探偵タロットに拘束されて、地面をのたうち回るレビィ。

 やがて、くたりと地面に寝そべったので、そこで拘束を解除してあげた。


「……平君は酷いね」

「レビィの反応が速すぎるんだよ」

「誉められた!」


 誉めてない。


「ルビー」

「はいはーい」

「ルビーの『言質遠聴』で、何ヵ所まで聞く事が出来る?」

「流石に一ヶ所だけかなあ」

「それじゃあ、その男達の会話だけ盗聴と録音しといて」

「はい了解」


 言った後、俺は皇帝の能力を解除する。

 そして、ゆっくりとグラスの事を見た。


「グラスさん。後ろの二人は、レイン帝国の人間で間違いありませんね?」

「……そうですね」


 歯切れの悪い返答。

 しかし、もうグラスには、協力を拒む事は出来ないだろう。


「もう察して居るとは思いますが、これはレイン帝国の内輪揉めです。これを公表すれば、立場が悪くなるのはそちらです」


 無言で答えるグラス。


「だから、こうしませんか?」


 俺はニコリと微笑む。


「今から俺は、あの二人と狙撃手を無力化しようと思います。そしたら、後はそちらで勝手に処理して下さい」


 それを聞いたグラスが目を丸める。


「……それで、宜しいのですか?」

「はい。その代わり、犯人を捕まえる為に、グラスさんにも少し協力して貰います」

「私の出来る事であれば」


 胸に手を置くグラス。

 それを見て、俺も小さく頷いた。


「レビィ」

「何ですか」

「俺が色々勝手に決めてしまったけど、それで良いよね?」


 寝転がったままのレビィ。

 やがて、ゆっくりと立ち上がり、やれやれと言う表情で頷いた。


「オーケー。ボスの了解も取れた」


 俺は眼鏡を外してポケットにしまう。

 さあ、犯人を一網打尽だ!


「グラスさん。貴女の生物を操る術、何体まで行けますか?」


 グラスは一瞬苦い表情を見せたが、覚悟を決めて口を開いた。


「三体です」

「それは、遠方の生物もいけますか?」

「はい。それと、魔法生物を直接召喚する事も出来ます」

「では、上を飛んで居る鳥を一体。それと、高速で移動出来る、小さな生物を一体、お願いします」

「分かりました」


 グラスの青い目が淡い光を放つ。

 そして。


「幻視隷属」


 その言葉と同時に、グラスの前に黒色の鳥と猫が現れた。


「犯人との距離を考えて、自然生物よりも召喚獣の方が良いと判断しました」


 成程。良い判断だ。

 それならば、俺もすぐに準備しよう。


(愚者と恋人達、解除っと)


 発動していた能力を解除して、眼鏡を胸ポケットにしまう。

 そして、そのままポケットから探偵タロット本体を取り出した。


「それじゃあ、まず二枚」


 手元でタロットを三枚に増やし、鳥と猫に一枚ずつ咥えさせる。


「そして、この一枚は……」


 タロットを山の方に掲げる。


「死神(デス)」


 追跡のアルカナ。

 カード越しに見えない光が走り、山の東側にポイントが表情される。


「グラスさん、作戦です」

「はい」

「スタートと同時に、鳥でポイント上を飛行。真上通過時にタロットを投下。それに合わせて、今度は猫を走らせて、後ろの男達の中心にタロットを設置」

「かしこまりました」


 真剣な表情のグラス。

 俺はそれに小さく頷きかけた後、グラスにしか聞こえない程の小声で言った。


「スタート」


 高速で飛び立つ黒鳥。

 死神で記された場所に到達すると、足で持っていたタロットを放す。


「平君!」


 レビィの叫び声。

 ゆっくりと振り替えると、青と緑の男二人が、こちらに魔法鍵を掲げていた。


「……遅い」


 既に猫は仕事を終えて、二人の足元には探偵タロットが刺さっている。

 後は、能力名を口にするだけ。


「塔(タワー)」


 広域感電。

 山の上から光が走り、それと同時に二人の男も感電する。

 黒い煙を吐いて倒れる二人の男。

 山に居た術者も、今頃はアフロにでもなっているだろう。


「事件解決……かな」


 ふうと息を吐き、探偵タロットを胸のポケットにしまう。

 呆然としているレビィとグラス。

 今回の事件は派手に動き過ぎた気もするが、戦争になるよりはマシだろうと思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます