第21話 見習い三女は出来る人

 畑が害獣に襲われている事を知り、俺を引きずりながら畑へと向かう女性。

 マーブル姉妹の三女、ルビー=マーブル。

 中々の怪力だと感心したが、このままでは恥ずかしいので、俺は自分の力で歩き出した。


「いやー、悪いね。無理矢理引っ張って来ちゃって」


 ルビーが俺の腕から手を離し、少し前を歩き出す。


「でもさ、あの部屋スパイが居たから。あそこで話すのは少しヤバいかなって」

「ルビーさんは気付いて居たんですか?」

「さん付けとか、やめて欲しいな。何か恥ずかしいからさ」


 少し照れた表情を見せるルビー。

 

「でも、やっぱりレビィは抜けてるなあ。あんなに分かり安いのに、わざわざスパイを部屋に招き入れるなんて」

「あ、招き入れたのは俺です」

「え? ああ、そうなんだ」


 ルビーがニヤリと微笑む。


「もしかして、余計な事したかな?」

「大丈夫です。ルビーと話すのなら、多分こっちの方が良い」

「うん、私もそう思う」


 はははと笑い、頭の上で腕を組む。


(この人……)


 見た目と話し方で大雑把な印象を受けるが、実際は頭の回転が速くて、洞察力も優れて居る。

 まだ探偵見習いと聞いたが、探偵としての資質はレビィより上に感じた。


「それで? わざわざスパイを招き入れて、長谷川君は何を狙ってたんだい?」

「ある程度情報を渡して置いて、当日にどういう反応があるか、試そうかと思って」

「ふぅん。余裕だなあ」

「でも、ルビーが本当の能力を見せたのは、少し予想外でした」


 そう言うと、ルビーがクルリとこちらに向き、後ろ向きで歩き出す。


「気付いてたんだ。私が嘘吐いて無いって」

「そうですね」

「やり過ぎたと思う?」

「別に」


 俺の返答にニヤリと笑うルビー。

 やはりこの人、『分かっていて』わざと能力を見せていたのか。


「面白い。長谷川君は面白いね」


 満足そうな表情を見せた後、ルビーが正面に振り返る。

 そんな彼女を、俺はもう探偵見習いと言う括りでは見て居なかった。

 無言のまま少し歩いて居ると、ルビーがピタリと止まり、いきなり走り出す。


(むむっ!?)


 みるみる小さくなるルビー。

 このままでは置いて行かれると思い、必死に彼女の事を追いかける。


(は、速い……!?)


 俺も頑張って走って居るのだが、ルビーとの距離が全く縮まらない。

 頭が良くて運動神経も良いとか。彼女は完璧超人なのか?


「くっ!」


 このままでは見失ってしまうと思い、仕方なく探偵タロットを取り出す。

 そして。


「死神(デス)!」


 大アルカナ13番目のカード。

 その能力は『追跡』。


「はぁ、はぁ……」


 息を切らしながら、探偵タロットに記されたルビーの動向を追う。

 五分ほど走り続けると、町外れにある畑の一角で、大声を上げて居るルビーの姿が見えた。


「わあー! わあー!」


 手をブンブンと振り回しながら、畑の中を駆け回って居るルビー。

 どうやら、自分の畑を荒らして居た鳥を、追い払って居る様だ。


「わー! わー!」


 必死な表情。

 しかし、声には怒気が感じられず、黒鳥はルビーを馬鹿にしているかの様に、畑を悠々と荒らして居た。


「わー! わー!」

「あの、ルビー?」

「え? ああ、長谷川君か」


 ルビーが困った表情を見せる。


「いやー困った。いつもなら音爆弾とかもって来るんだけど、緊急だから何も持ってきて居なかった」

「あの鳥は?」

「カラシュ。この国一番の害獣で、その被害は年間一億レンとも言われて居て……」


 淡々と説明するルビー。

 それにしても、男っぽい話し方の割に、叫び方は可愛かったな。


「長谷川君、私は真面目に話しているよ?」

「ああ、ごめんなさい」

「よし。それじゃあ、助けて下さい」


 まあ、そうなりますよね。


(しかしなぁ……)


 畑の上を飛び回って居るカラシュ。

 その中の一匹に、特殊な個体が居る。


「あれ、さっきのスパイですよね」

「その様だね」


 青と黄色のオッドアイ。

 まさか、ここまで追って来るとは思って居なかった。


「良いんじゃないかな。ついでに殺しても」

「いやー、流石にそれはどうかと」

「あれを殺っても、本人は死なないけど」


 それは多分そうだろう。

 しかし、術者にダメージは入る訳で。


(仕方ないな……)


 やれやれと頭を掻いた後、程々に叫ぶ。


「今から凄い光が出るんでー。目を潰されたくなかったらー。術を解いて下さーい」


 反応するオッドアイ。

 やがて、目の色が元に戻ったので、俺は探偵タロットを畑に放り投げた。


「太陽(サン)」


 大アルカナ19番目のカード。

 その能力は『閃光』。


「……!!」


 地面に刺さったタロットから光が弾けて、目が眩んだカラシュがボトボトと落ちた。


「ふぅん。何でもありなんだ、それ」


 何事も無かったかのように、俺の横で腕を組んで居るルビー。

 その表情は、流石に笑って居なかった。


「もしかして、私と同じ能力もある?」

「ありますね」

「そうかあ」


 そう言って、小さく溜め息を吐く。


「そりゃあ……滅ぶだろうね」


 その言葉にドキリとする。

 どうやらルビーは、リビィから『その話』を聞いて居たようだ。


「まあ、良いけどさ」


 それだけ言って、こちらを見る。


「それで? どうして長谷川君は、わざわざ術者に警告したのかな?」

「目を潰したく無かったからですね」

「ふぅん。会いたいんだ。術者に」


 俺は小さく頷く。


「大丈夫かなあ。多分あれ、青色の魔法鍵の使い手だよ?」

「俺もそう思います」

「ああ、だから会いたいのか」


 青色の魔法鍵は特級魔法鍵。最初の事件でレイモンドが言って居た言葉だ。

 その全容はまだ分からないが、普通の魔法鍵と違うのならば、調べておきたい。


「長谷川君は根っからの探偵なんだねえ」

「探偵じゃなくて助手ですけど」

「そうだった」


 言った後、やっとルビーが微笑む。


「仕方無いなあ。それじゃあ、私も手伝ってあげるとするか」

「助かります」

「その代わり、今日は一日畑仕事を手伝って貰うよ」


 むむ、余計な仕事を課せられてしまった。

 しかし、この人の協力を得られるのなら、喜んで手伝おうじゃないか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます