第13話 助手は嘘がお上手

 新領主の御披露目式に招待されて、レイモンドの屋敷に来た探偵と助手。

 その最中、突然探偵が消えたので、助手が屋敷内を探して居ると、レイモンドの部屋で新領主の死体と探偵が見つかった。

 動揺しながらも、探偵が犯人では無いと感じ、一人で捜査を始める助手。

 捜査の結果、探偵が犯人では無い事が分かったが、そこにもう一人の探偵が現れた。


(……とか、そんな感じか?)


 三流のナレーションを頭に思い浮かべながら、その探偵と対峙する。

 異世界探偵、リビィ=マーブル。

 俺のパートナーである、レビィの姉だ。


「もしかして、リビィさんは五人姉妹?」

「以下にも。レビィから聞いたのか?」

「いや、名前が並びだから」


 それを聞いたリビィがふっと笑う。


「父の名の付け方には、私も呆れて居る」

「そうかな? 俺は全員綺麗な名前だと思うけど」


 小さく咳き込むリビィ。

 どうやら、少し照れた様だ。


「……まあ、分かり安くは有ると思う」


 ふうと息を吐き、俺を見詰める彼女。

 今のでリビィが次女だと確定したが、大した問題では無いので言わない事にした。


「さて、茶番はここまでだ」


 リビィが話を区切る。


「改めて、貴様に質問をさせて貰おう」


 右手に持った紫色の魔法鍵を、ゆっくりと右目の前に掲げる。

 そして。


「言質心眼」


 放つ。

 光を帯びる魔法鍵。

 その輝きと佇まいを見て、俺の額から冷や汗が溢れた。


(まさか……)


 過去にレビィは言って居た。

 探偵官の魔法鍵には、録音の他にもう一つ『特殊な能力』があると。


「レビィ」


 咄嗟にレビィの口元の拘束を外す。


「プッハァァ!!」

「急ぎで悪いんだが、リビィさんの事について、少し教えてくれ」

「え? いきなり何を……」

「良いから早く」


 レビィを急がせる。

 レビィは疑問の表情を浮かべたが、すぐに小さく頷き、倒れたままで語り出した。


「リビィ姉さんはコルカ王国の中でも、屈指の探偵官だよ」

「能力は?」

「言質心眼。その魔法鍵に掛かれば、相手の嘘は見抜かれる」


 やはり、予想通りだったか。


(……っ!)


 不意に甦る元の世界の記憶。

 探偵タロットの根元。誰でも使う事の出来る、嘘を見抜く能力。

 0番目の大アルカナ『愚者』。


(消えろ!!)


 大きく首を横に振り、甦った記憶を吹き飛ばす。

 ここは、俺の居た世界では無い。

 あんな惨劇が繰り返される事は無いんだ。


(ふう……)


 深呼吸をして心を落ち着かせる。

 大丈夫。俺はレビィを救える。

 俺はこの異世界の『誰よりも』、この能力の事を知って居るのだから。


「平君?」


 レビィが俺に問いかける。

 俺は無理矢理に微笑み、再びレビィの口元をシャットアウトした。


「ムググゥゥ!?」

「悪いレビィ。もう少しそのままで居てくれ」


 うんざりした表情で黙るレビィ。

 それを見たリビィは鼻で笑い、再び俺に視線を向けて来た。


「レビィはお前の主じゃないのか?」

「そうだけど、レビィを野放しにすると、余計な面倒事が起こるから」

「以下にも。賢明な判断だな」


 同意するリビィ。

 何はともあれ、これで一対一の状況を作る事が出来た。

 さあ、ここからが本当の戦いだ。


「質問1だ」


 リビィの眼前に有る魔法鍵が光る。


「長谷川平。そこに倒れて居る新領主を殺したのは、お前なのか?」


 小細工無し。直球の質問。

 確かに現在の状況から考えると、俺が犯人である可能性が一番高い。

 だから、俺はこう答えた。


「ああ、俺が殺した」


 一瞬の静寂。

 やがて、足元に転がるレビィが唸りだしたが、それを無視して会話を続ける。


「どうやって殺した?」

「ナイフで一突き」

「何故レビィが拘束されて居る?」

「殺人の証拠を隠している最中に現れたから、拘束して黙らせた」

「何故お前は直ぐに逃げなかった?」

「本当は隠し通路で逃げたかったんだが、逃げる前にリビィが来てしまった」


 淡々と進む会話。

 ジタバタと暴れ回るレビィ。

 そして、肝心のリビィは。


「……はははは!」


 腹を抱えて笑い出した。


「長谷川平! お前と言う奴は……!」


 必死に笑いを抑えるリビィ。

 喉を鳴らして何とか調子を取り戻すと、今度は笑顔で話し始めた。


「嘘が効かないとは言え、そこまで堂々と嘘を吐かれると、こっちも困ってしまうぞ」


 目に残った涙を拭き取るリビィ。

 それに対して、俺は平然とした表情で肩を浮かべて見せた。


「……まあ、良いだろう」


 リビィが落ち着きを取り戻す。


「兎に角、これでお前が犯人では無いという事が、良く分かった」

「そうですか」

「レビィを黙らせて居たのは正解だったな。こいつが会話に介入していれば、話がややこしくなっただろう」

「やっぱり、リビィさんもそう思いますか」


 二人でレビィを見下ろす。

 レビィは目をパチパチさせた後、クルリと回って俺達に背を向けた。


「ふむ、とりあえず尋問はこれまでだ」


 リビィが魔法鍵を胸ポケットにしまう。

 それを全て見届けた所で、俺はやっとレビィの拘束を解いてあげた。


「ブッハァァ!!」


 大きく息をした後、立ち上がるレビィ。

 立ち上がった瞬間、素早くこちらを向き、俺の腹部目掛けて拳を突き出した。


「グホァ!!」

「平君! 流石に酷いよ!!」


 渾身の一撃に思わず膝を付く。


「だ、だから、レビィが話に参加したら、ややこしくなるから……」

「最初にそう言えば良かったでしょ!」

「言っても無駄だと判断した」

「はいぃぃ!!」


 2度目の強打。

 今度はゴロゴロと地面を転がり、本棚に背中を打ち付けられた。


(……酷い)


 痛む背中を軽くさすりながら、小さく溜め息を漏らす。

 いつもは中々に勘が鋭いのに、何故こういう時はそれが働かないのか。

 レビィを『黙らせて居た』行為こそが、リビィに対する心理操作だったと言うのに。


(全く……)


 鬼の形相で睨むレビィに苦笑いを返した後、ゆっくりと立ち上がる。

 代償は受けたものの、最初の心理操作は無事に完了した。

 これからは三人で、本当の犯人の痕跡を追うとしよう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます