第6話 ごり押しの異世界

「とりあえず互いに自己紹介!!」

「長谷川平です」

「レビィ=マーブル!」


 互いに名前を言い合い、鉄柵の合間から握手をする。


「平君は何歳なの?」

「秘密です」

「じゃあ17歳って事で! 私は18歳だから平君より年上だね!」

「あ、はい。そうですね」


 適当に答えを返す。

 満足げな表情をして居るレビィ。

 何が楽しいのかは分からないが、これから色々と教えてくれる様なので、黙って見守る事にしよう。


「それじゃあ、平君の疑問に答えるね!」


 レビィがビシッと人差し指を立てる。


「まず! この国で起こる事件の犯人を特定する方法ですが!!」


 言った後、間を開けるレビィ。

 俺はゴクリと息を飲み、答えを待つ。


「事件が起こって! こいつが犯人だと皆が思ったら! そいつが犯人です!!」


 牢獄に響くレビィの声。

 そして、少々の沈黙。


「……え?」

「要するに、その時の状況とか皆の証言から、犯人を特定するって事」


 再び沈黙。

 しかし、黙って居る訳にも行かず、思った事を口にした。


「無理矢理だな」

「そう。無理矢理なんだよね」


 レビィがクスリと笑う。


「でもさ、誰も見ていない所で事件が起きたとして、どうやって犯人を特定する?」


 その言葉を聞いて、思わず黙る。


「平君は捕まる前に指紋? みたいな事を言ってたけど、この国では平君が住んで居た場所の様に、特定の人物を定める証拠ってのが存在して無いの」

 

 そこまで言われて、やっと納得する。

 それならば、レビィの言うように、状況証拠や証言から犯人を『決める』しか無い。


(しかし……)


 苦い表情で唇を噛む。

 この国のルールがそうで有るのならば、ここに居る俺もそれに従うしかない。

 しかし、俺は探偵タロットのおかげで、皆が分からない『真犯人』を特定出来てしまう。

 つまりそれは、無実の罪を着せられた人間を、黙って見過ごす事に繋がるのだ。


(そう、彼女の様に……)


 部屋の端で静かに立って居るメイド。

 彼女は俺達の会話を聞いて、何を思って居るのだろうか。


「どうやら平君は、メイドさんの事が気になって仕方が無い様だね」


 図星を突かれてドキリとする。

 俺を見てニヤニヤと笑って居るレビィ。

 そして、俺の心を分かって居るかの様に言い放った。


「私も彼女が犯人では無いと思う」


 目を見開く俺。


「でも、あの殺人は『彼女にも出来る』。だから、どんなに不確定要素があったとしても、『この国では』彼女が犯人になる」


 ハッキリと言い切るレビィ。

 それに対して、俺は。


「……そんな事は、もう分かってるんだよ」


 吐き出す。


「だけどな!」


 吐き出す!


「アイツは自分の妻が死んだってのに! わざわざ一張羅に着替えて! 堂々と大衆の前に現れたんだぞ!!」


 吐き出す! 吐き出す!


「それが気に入らなくて調べて見たら! 髪に妻の血痕は残ってるし! ナイフに指紋も残ってるし……!」


 吐き出す! 吐き出す! 吐き出す!


「そんな状況で偉そうにしてる奴を! 黙って見過ごせる筈が無いだろ!!」


 吐き出す!!!!


「だから……!!」


 途中まで言いかけて、唇を強く噛む。

 分かって居るんだ。

 自分の言って居る言葉が、この国では意味を持たないと言う事は。

 

「だから、俺は……」


 言葉を溢して項垂れる。

 どうして、こんな事になったんだ?

 こんな事になるのならば、事件に首を突っ込むべきでは無かった。



 黙って『大抵の人間』で居れば良かった。



 言葉だけが牢獄に響き、心が沈んで行く。

 もう、疲れた。

 何も考えたく無い。


(……)


 そんな時。


「……貴方は、優しい人です」


 後ろから聞こえて来る、声。


「だから、気にしないで下さい」


 ゆっくりと振り返る。

 そこには、少しだけ首を傾けて、こちらに微笑み掛けて居る女性。


「この事件は私が犯人。それで良いんです」


 そんな女性の頬に。

 ポツリと、雫が落ちる。


「それで……良いんです」


 落ちる。


「……」


 俺は一体何をやって居たのだろう。

 レイモンドの行為に腹が立ったとか、本当はどうでも良かったんだ。


(俺は……)


 そう、俺は。


(彼女が真に悲しんで居たから、助けたいと思ったんだ)


 忘れて居た。

 それこそが、真実。

 この異世界のルールなど関係無い、俺自身の真実だ。


「……うん、良く分かった」


 ふっと鼻で笑い、メイドに微笑みかける。


「やっぱり俺は、アンタを犯人にする事は出来ない」


 目を丸めるメイド。

 そんな彼女を無視して、俺はレビィに視線を戻す。


「なあ、レビィ」


 相変わらず微笑んで居るレビィ。

 とても無垢な笑顔。

 だけど、俺は最初から分かって居た。


「俺とレビィが協力すれば、レイモンドを犯人に『出来る』んじゃないか?」


 内容すっ飛ばしの会話。

 だけど、彼女はそれでも分かる。

 何故ならば、彼女も『大抵の人間』から外れた人間なのだから。


「ふ、ふふふ……」


 俯いて笑いを堪えて居るレビィ。

 しかし、もう我慢出来ない。


「やっぱり平君は面白いね」


 そう言って、素早く顔を上げる。

 無邪気な笑顔。

 しかし、もう『無垢』では無い。


「だけど、やっぱり私の見立て通りの人だったよ」


 嬉しそうなレビィ。その視線を見て俺は恥ずかしくなり、横目に頬を掻く。

 


「アイツ本当にムカつくよね。でも私も事件現場を見た訳じゃないから、どうするか迷って居たんだ」

「そしたら、俺が飛び出して行った訳だ」

「そうだね。平君最高。凄く面白かった」


 レビィが声を出して笑い、俺は鼻で笑う。


「さてと、そろそろ時間だね」


 そう言いながら、レビィが腰にぶら下げた懐中時計を確認する。


「あと10分位したら、レイモンドがここに来る。自分を馬鹿にした平君を罵りにね」

「だろうなあ」

「そしたら、平君はこれをやって欲しいの」


 レビィが俺に手招きをする。

 俺がレビィに近付くと、レビィは耳を引っ張り、小声で指令を伝えて来た。


「……そんな事で良いのか?」

「うん。簡単でしょ?」


 レイモンドの性格を考えると、この指令は簡単に達成出来るだろう。

 しかし、問題はそれを達成した後だ。

 この作戦でレイモンドを犯人には出来るだろうが、それでこの事件は終わらない。

 そして、流石のレビィも、そこまでは思考が到達して居ない様だ。


(……まあ、良いか)


 そんな事を思い、黙って頷く。

 楽しそうに笑って居るレビィ。

 それに対して、小さく息を吐く俺。



 この異世界では、科学証拠が使えない。

 だけど、それによって真犯人は分かる。

 それならば、この異世界のルールに従った上で、『力技』で犯人を捕まえる事にしよう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます