嫉妬


 エノコモモ先生が「レビュー頂きましてありがとうございます。私があらすじ苦手野郎すぎて、天才がいるな…ってなります。おもしろそうすぎる…」って濱野乱さんのことを呟いてて、嫉妬に狂いそうになったところでエノコモモ先生から、



 こんなに存在に感謝したことないです///



 ってDMが来ました。


 フー!!セーフ!!

 まだ存在意義があった!私!


 ついさっき更新されたシャールカも面白かったー。また読み返してこよー。


 えっ!?チョロい!?

 私は性奴隷ファンだからいいんダヨ!!




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る