アトリダブルアール ~旅立ちの屋上ランプ~

作者 ひなたひつじ

8

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

いじめを受けたことがきっかけで、自分に自信が持てなくなっていた少女・アトリ。
お正月休みの最終日に訪れたショッピングモールの屋上で、彼女はインラインスケートの練習をする少年・シュウ、スポーツ用品専門店の店員・イチや、店長・キノウチと出会う。
アトリは、キノウチに「うちの店の専属ライダーになってほしい」と頼まれ、インラインスケート競技の世界に飛び込むことになり……!?

セリフと地の文のバランスや、流れるようにに軽快で明快な文章表現がすばらしい作品です。
作品自体が短めなこともあり、ストレスなく、次の展開にわくわくしながら楽しくあっという間に読めてしまう。
閑話休題的に挟まる「アトリのスケート日記」では、インラインスケート競技の簡単な解説もされていて、競技や用語に詳しくなくてもするすると内容を飲み込むことができます。

ストーリーは、インラインスケート競技を始めた主人公・アトリが、一から始めた競技の練習を通して成長していく姿を描いたもの。
ダブルスのパートナーであるシュウと切磋琢磨したりすれ違ったり、強力なライバルであるイサミ・ルミ組に刺激されたり。
様々な経験を通して、アトリが少しずつ成長していく姿は、とても感情移入できます。
アトリが自分の「大好き」を表現する、唯一無二の必殺技をくり出すシーンでは、きっとあなたも涙するはず……!

角川つばさ文庫小説賞の応募作品で、現在2次選考を通過している本作。
スポーツを通した王道青春ストーリーを、ぜひともご覧あれ!