お姉ちゃんがかよわい


 「む、無衣、これはちょっとはずかしいよ……」


 そう言って姉は上目遣いであたしを見上げてくる。

 抵抗をしようと必死で身体を動かしているが、しょせんは子供サイズ。

 あたしは赤子の手をひねるように楽々と、位置を調節した。


 「よい、しょっと……お姉ちゃんじっとしてて」 

 「うぅ~……」


 いま、姉はあたしの太ももの上に乗っかっている。

 あたしは椅子に座っていて、その上に姉という形だ。


 目の前のテーブルには、つい先ほどあたしが用意した朝ご飯が並んでいる。

 普段は姉が作ってくれるのだけどこの状態では厳しいので、久々にあたしが腕を振るってみた。

 あんまりおいしくなさそうなのはご愛嬌。


 さて、あたしがこれからするのは、姉の食事の世話だ。

 というのも、姉の手足は体のサイズに比例して短くなっていた。それにもみじみたいな手じゃ箸も満足に扱えない。

 ふふふっ、そこであたしの出番ってワケよ。


 「はいお姉ちゃん、口開けて」


 一口サイズにカットした焦げ卵焼きを、姉のちっちゃな口元に近づける。

 

 「じ、じぶんでたべられるから……」

 「ダメ! ワガママ言わないで! あたしに食べさせられて! ほら、あ~ん」

 「ワガママ……なのかな、これ……?」


 なんだか納得していない様子だったけど、ようやく口を開けてくれた。

 放り込んでやると、もきゅもきゅと咀嚼し出す。

 ちょっと頬っぺたが赤く染まっていて、すごく愛らしい。


 あたしも合間合間でご飯を食べながら、姉の食事を観察する。

 どうやら食事の量は普段の時と変わらないらしい。

 姉は一食分をぺろりと平らげた。

 

 「無衣おいしかったよ。ごちそうさま」

 「そ、そう? ならよかった」


 いつもは姉に感謝をする側なので、なんだか照れ臭い。

 ポリポリ頬を掻きながら、口元が緩まないように引き結ぶ。

 

 「それで、そろそろおろしてもらえるかな? わたしのせいで、無衣もつらいでしょ?」

 「え? ううん、別に平気だけど……お姉ちゃんがそう言うなら」


 あたしは姉を抱え上げるとゆっくり床へと下ろす。実はちょっと足がしびれていたので、姉の気遣いがありがたかった。

 気づかれないようにこっそり太ももをさすっていると、てててっと姉が駆け出していく。

 

 「お姉ちゃん、なにしてるの?」

 「ちょっとしょくごのうんどうをしようかなって」

 

 さすがは自慢の姉だ。

 食っちゃ寝ばかりしているあたしとはワケが違う。

 家の中でウォーキングandランニングをこなす姉を見ながら、しみじみと思った。


 

 *  *  *



 「う~ん……」


 お昼ご飯を済ませ、ソファーに座りながらぼけーっとテレビを眺めていると、隣で姉がうつらうつらとし始めた。

 

 「あれっ、お姉ちゃん、眠いの?」

 「うん……いつもは、こんなこと、ないのに……」


 確かに、普段の姉は規則正しい生活を送っている。

 朝は六時に起きて、夜は十時には寝ていて。遅寝遅起きのあたしとは違う。

 昼間に眠くなるなんてことはめったにないはずなんだけど、やっぱり小さくなった影響なのだろうか?


 「毛布持ってこようか? 眠るなら温かくしないと」

 「だ、だいじょうぶ……べんきょうしないといけないから」


 そう言い切ると姉はソファーから立ち上がろうとして、身体がふらっと前かがみになった。

 あたしは咄嗟に手を伸ばして姉の身体をキャッチする。


 「ほっ、危なかった……セーフ」

 「……あ、ごめんね無衣、でもこんどこそはだいじょうぶ」

 「ダメだよ! お姉ちゃんは寝て! 良い子はお昼寝の時間だよ!」

 「で、でも……」


 なおも渋る様子を見せるので、あたしは強硬手段に打って出ることにした。

 姉の身体を抱きかかえると、軽く左右に揺さぶりをかける。


 「む、無衣? なにして」

 「ねんねんころり~ころころりん~♪」

 

 ちっちゃな子を眠らせるのにはやっぱり子守歌でしょ。

 歌詞とか全然知らないので完全オリジナルでお送りしております。

 なのでJA〇RACの許可もいらないのだ。


 「ころころころろん~寝ない子はいねが~夜更かしいけんぞ~マジで~お肌の大敵~♪」

 「……無衣、もうやめてだんだんめがさえてくるから」

 

 おかしい、完璧な子守歌のはずなのに。

 あたしが音痴だからいけないのだろうか。

 いや別に全国のママさんの中には音痴の人もいるだろうし……。


 あれこれと想像を膨らませている隙をついて、姉はするりと腕から脱出した。

 あたしの足伝いに床まで辿り着くと、わき目もふらずに走り出す。


 「えっ、お姉ちゃん!? どこ行くの!」

 「わたし、と、となりのへやでちゃんとねむるから、無衣はついてきちゃダメだからね!」

 「ん? ……うん、分かった」

 

 隣の部屋のふすまを開けると、何度も何度も念を押すように姉は言ってくる。

 あんまり寝顔を見られたくないのかもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます