東京クリミナル

作者 陽子

仲間」への応援コメント

このエピソードを読む

  • お話の流れは近代的ですが、亜礼、加藤などの登場人物の性格の複雑さ、見え隠れする環境・社会の暗い影はどことなく児童文学の名作『黒の兄弟』を思わせます。
    物語の重さで好き嫌いが分かれると思いますが(失礼な言い方で申し訳ありません)私は非常好みです。今回も楽しく拝読させて頂きました。ありがとうございます。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    人物の性格の複雑さは自分でも意識していたので、そう言っていただけて嬉しいです。ですが描写力はまだまだなので、頑張りたいと思います。

    2019年10月22日 20:08