誰も知らない小さな世界の些細な事

作者 常山 無

死を望む事で得られる幸せがあってしまう現実

  • ★★★ Excellent!!!

自殺って聞くと、命の大切さについて説かれる正論が世の中には溢れている中で、この小説はそれを覆すほどの残酷さがあります。

でもこれは人間社会には現実の出来事であり、当事者になれば誰もが「命が一番大切だ」と安易に言える言葉ではないということを、この作品は教えてくれます。

短編なのに、心に深くしみて強い余韻を残す、ずっと心に残ってしまうであろうお話でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

絵本カナタさんの他のおすすめレビュー 412