聖と魔の名を持つ者 ~ラーソルバール・ミルエルシ物語~

作者 草沢一臨

少女騎士の成長物語

  • ★★★ Excellent!!!

ずっと読んでいたい物語があるとしたら、まさにこんな小説。

騎士を志して王国立騎士養成学校へと入学した少女ラーソルバールが、
学校生活のなかで奮闘し、友情を育み、困難を乗り越えていく、
これは緻密に練られた世界観と、そこで息づく少年少女を描いた、
至高の騎士道ファンタジーであると共に、青春の物語でもあります。

ラーソルバールの人となりは、実直で明るい好感の持てる少女です。
彼女が帰郷した際の村人の反応や、
剣の腕を競い合うエラゼルとのやりとりでもはっきりと現れており、
読めば読むほど、この主人公がどう成長していくのか、
これからも見守ってみたいと思わせてくれます。

歴史考察もあり、戦史や、それに類する戦術を用いた展開もあるので、
戦記としての側面も垣間見えたり、シリアスな展開では手に汗握ったりと、
読むたびに深みにはまっていくこと間違いなしです。

さあ、物語の説明はここまで。
あとはどうか、あなた自身の目でラーソルバールの物語をご覧下さい!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

流川夕さんの他のおすすめレビュー 197