日が暮れる前に話しておきたい

作者 海野ぴゅう

後朝の 別れに思う またも来よ 蜉蝣のよな 明日はいづこに

  • ★★★ Excellent!!!

作者様の小説には、「3」という数字がキーワードとして頻出するようです。
三人家族、仲良し三人組、三組のカップル・・・

幸せって、なんだろう。
来ないかもしれない人を、いつまで待つんだろう。
もうやり直せない恋を、いつまで引きづるんだろう。
あと何日生きて、あなたに思いを伝えられるんだろう。

時間について、本作はとても鋭敏な感覚で文章を紡いでゆきます。
果たして彼らの行く未来は・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

永谷 瞬さんの他のおすすめレビュー 672