第10話 おやすみ

 次の週の火曜日、纐纈こうげつさんと仕事が終わってから会う約束をした。


 待ち合わせ時間に事務所の外に出るとすでに迎えに来ていたので車に乗り込む。向かったのは高級そうなイタリアンだった。外構も建物もライトアップされて雰囲気がある隠れ家のような店だ。

「大丈夫なの?」

 いろんな意味で心配だった。

「うん、もう最後かもしれないし」と彼は笑って言う。

「…縁起でもない」

 そう言いながらも彼はますます痩せていたのがわかった。


 入ると店内は少し薄暗い。洞穴みたいだ。

 彼は席に着いて、

「肉と魚で頼んであるから。どっちがいい?」と私に聞いた。

 彼はいつも肉を食べていたのを思い出して、

「じゃあ、魚で」と答える。

 こんな店に来るのは久しぶりだ。

 彼は慣れた感じでワインを頼んでいる。

「飲むの?」

「サヤがね。ここの美味しいから飲んでみて。ここのご主人がワインが好きで始めたお店だから。今夜は送って行くから大丈夫」

 そう言えば纐纈こうげつ家ではワインを毎晩飲んでるって昔言ってたっけ。

 今ほどワインが家庭でポピュラーでなかったので、聞いた時はかなり面食らった覚えがある。

 持って来てもらった味見のワインはとても美味しかった。水のようにすうっと入っていく。

「サヤ、飲めるようになったんだ」と彼は目を細めて言った。

「うん、子供2人産んだら体質が変わったみたい」

「そうなんだ…前は飲めなかったもんね」と自分がいない間の私の変化に少し切なそうだ。しかしお互い昔の事をよく覚えている。

 ワインがグラスに注がれる。

 彼は運転するのでノンアルコールで乾杯した。

「これは何の乾杯?」と聞くと、

「実はね、僕離婚したんだ。だから乾杯」と彼は静かに、でもはっきりと言った。

 彼の奥さんとは家にお邪魔してからも2度ほど学校の用事で会って話した。

 浮気している奥さん、言われてみればそんな感じだった。でももしかしたら違うかもしれないじゃないか。

「…ちゃんと浮気してるか確かめたの?」

「うん、もちろん。ついでにサヤの事も調べたよ」

「はあ?何のために?」

 私なんか調べてどうするんだと呆れた。

「生活が乱れていないか」と言って、冗談だよ、と笑った。

「僕の奥さんはね、ちゃんと仕事もしていない怪しい男ともう4年以上付き合ってるんだ。いわゆるヒモだよ。もし彼と再婚なんてしたらアイがどうなるか心配だから離婚するしかないんだ」

「コウ君が奥さんに言ったの?」

「ふふ、やっとコウ君って言ってくれたね。ありがと」

「ばか、ふざけないで。なんでちゃんと奥さんと話し合わないの?信じられない」

 彼はちょっと黙って、飲み物を口にしてから言った。

「…仕事を止めたって言ったら、彼女何て言ったと思う?」とクイズ問題を出すように淡々と言った。

「なんて?…お疲れ様、かな?」

 答えは怖くて聞きたくない気がした。

「『これからどうするの』だって。僕にはもうこれからなんてないのに」

 そう言って彼は悲しそうに笑った。

「奥さんに病気の事言わなかったの?」

「もちろん。僕が死んで彼女が浮気男とめでたく結婚したら、アイが大変なことになるのはわかり切ってる。あいつはもう僕達より浮気相手の方が大事なんだ。そいつに渡すお金がなくなると困るから『これから私はどうするの』って言ったんだ」

「奥さんにどうやって、別れてって言ったの?好きなんでしょ、言えないよね?」

「…言えないから、両方の実家に浮気現場の写真をたくさん送りつけてやったよ。僕の両親がかなり怒ってね。彼女は僕の仕業だなんて思ってもないだろう。とてもいい夫だったから」と言ってニヤリとした。

 私は全然笑えない。

「そんなやり方…奥さんが可哀想じゃない。挽回ばんかいのチャンスもないなんて…」

 彼はしばらく空中を凝視してから、ため息と一緒に、

「ごめん、この話はもうやめよう。言わなきゃ良かったね」と一気に言った。

「だめ、まだ間に合うよ。好きなんだから…」

 だって彼は奥さんのことを求めている。私はただの代わりだ。

 彼は私の首の後ろに手をまわしてをグイッと引き寄せてキスした。まだ力強い手で少し安心する。でも周りに人がたくさんいるのにこんなことする人じゃない。

「もう、止めて。お願い」と彼が言ったので私は涙が止まらなかった。

「なんでサヤが泣くんだよ…。昔一緒に金子みすゞの展覧会行った時も、詩を読んではずっとぽろぽろ涙を流してた。『みすゞが可哀想』って言って泣いた、心が優しいサヤが大好きだ。本当、僕はバカだ。こんなになってやっとわかったよ。いい気になってた。いい高校、いい大学、一流企業で働くうちにおかしくなってたんだ」

 違う、私は優しくなんかない。いつも自分で精いっぱいだった。

「そんなことない、コウ君はずっと頑張ッて来たんでしょ。だから自分を責めないでいい。それに奥さんの事、本当に大好きなんだよ。そうでなけりゃ、4年も付き合った私をポイっと捨てるなんてできないでしょ」と泣くのを止めて笑って言ってみたが、逆効果だった。

「でも最後にサヤと再会したおかげで離婚できた。ありがとう」

 そう言って彼は泣いた。たくさんの涙がテーブルにぼたぼた落ちた。

 初めて見た、彼がこんなに泣くところ。彼はずっと涙やもろもろを我慢して生きてきたんだ。

 私は立ち上がって、彼の横に座り肩を抱いた。気が付くと二人とも泣いていた。

 服の上からでもびっくりするくらい身体が細くなっているのがわかったが、気が付かない振りをした。まるで流木を触っているみたいだったのだ。



 その日はなんとか食べ終わってから、誰もいない彼の家に行った。

 アイちゃんは近所にある祖母の家に住んでいて、この家はもうすぐ売り払うそうだ。

 彼の家は何もなくなってがらんとしていた。奥さんが家具のほとんどを持って行ったそうだ。

「どうせ捨てるんだから持ってきなよって僕が言ったんだ」

 奥さんと娘さんがいない家は死んだように静かだ。以前お邪魔した家と同じとはとても思えない。

「この家は彼女の分身だ。ここにはいられないと思うのに、どうしてもここに来ちゃうんだよ。ね、サヤ、たまに遊びに来てくれる?僕はもうセックスでサヤを喜ばせてあげられなさそうだけど、一緒にいてくれると嬉しい」

 彼は冗談を言ったが、きっとせた身体を見せたくないのだろう。そんな彼のプライドを大事にしてあげたかった。

「いいよ、今夜は泊まっていく。寂しい時はいつでも呼んだらすぐに来るよ。なんせ10分で着く」

 そう言うと彼は、

「サヤならそう言ってくれると思った」と言って私に抱き着いた。


 私たちはベッドで双子のように抱き合って寝た。キスもない。ただ一緒に寝るだけで彼の表情が柔らかく穏やかになるのがわかる。

 私に必死にしがみつく彼を見て、きっと彼は奥さんにここにいて欲しかったのだろうと思った。

 あまりに可哀想だ。

 彼の選択の連続の終着点がここなら悲しすぎる。

 私は安らかな表情をした彼の為に少し泣いた。そして彼が寝るまで頭を撫で続けた。


 それから1か月間くらいだろうか、彼に呼ばれては家に行って話したり寝かしつけていた。

 後半は毎晩会社帰りに直接通った。

 彼は、死んでしまっていて朝起きれないのではと思うと怖くて寝られないが、私が居ると寝られると言うのだ。そんな人を放っておけない。


 その間にも彼はどんどん痩せていった。


 とうとう彼は両親に強く説得されて入院した。私はもう会いに行くことは出来なくなった。

 気がかりなまま数日が過ぎると、メールが入った。

『今日は両親がいないので病院に来て』

 ちょうど休みの日だったので、私はすぐに用意して向かった。


「こんにちは」と小さく言って入ると彼がベッドで寝ていた。

 一人部屋だ。彼は疲れた顔でうつらうつら寝ている。

 ますます痩せて骨に皮が張り付いたようになってしまった彼の頬に手を添えると、彼が起きてしまった。

「ごめん、起こしたね」

「ううん、来てくれたんだ…ありがとう。サヤにしか見せられなくて、こんな姿。友達にも言ってないんだ。こんなになっても見栄っ張りだって笑う?」

「笑わない、見栄っ張りで頑張り屋なのはコウ君のいい所でもあるんだから」と言いながら私はベッドの端に腰を下ろした。

「でもそのせいでサヤを捨てたんだよ」

「まだそんなこと言ってる。私は結構幸せだから大丈夫、こう見えても強いんだから」

「知ってる。サヤは僕がいてもいなくても幸せになれる。サヤといたら僕は幸せに…」と言って彼は涙を流した。弱った彼の中の恐怖と混乱が透けて見えて心臓が痛む。

 私は彼を緩く抱きしめて、自分のTシャツで彼の涙を吸う。彼の皮膚は紙のようにカサカサだ。

「私はコウ君と付き合えて本当に幸せな4年だったんだ。一緒にいろいろしたよね。バリ島でダイビングのライセンスとったり、毎年スノボも行ったね、椎名林檎の『ここでキスして。』が大音量で流れてるスキー場で、雪山の頂上で笑ってキスした。海もプールも花火も全部コウ君との楽しい思い出ばっかりだ。本当にありがとう、感謝してる」と正直に言った。

「バカだな、捨てられて感謝なんてしてたらダメだよ。僕みたいにずるい人間に付け込まれる」

「いいよ、付け込まれても。私は毎日楽しいから。それに本当にずるい人間は、自分の事そんな風に言わない」

 私の言葉を聞いて少し考えた後、

「サヤ、こっち来て」とベッドのすぐ横を手のひらで弱弱しく触りながら言った。

「うん」

 私は彼のベッドの隣に寝転ぶ。

「キスして」と彼が言った。

「…いいよ」

 私は彼のかさついた唇にキスして、舌で唇を舐めた。そしてもう一度ゆっくりキスした。

 彼は私にしがみついた。思ったより力が強い。

「ここに寝転んでいると泣きたいほど怖いけど、サヤがいると怖さが和らぐ。なんでだろう」

「…怖くないよ。私はこうやっていつでも側にくるから。だから怖くないよ」

「こんなに頼っちゃって、サヤの旦那さんに怒られるかな」

「…うーん、どうだろう。もう私なんかいらないのかもしれないしね」と自嘲的に笑ってしまった。

 だめだ、自分の事になると。

 彼は私の様子をじっと見て、少し迷ってから言った。

「サヤの事調べたって前言ったよね。あれ、半分ウソなんだ。本当は旦那さんの事調べてた。東京でケーキ職人になってる。住所と電話番号をあげるから、会っておいでよ」

「…調べてくれたの?」

「うん、彼が可哀想だなって思って。サヤを捨てたら俺みたいになっちゃう。仕事辞めてから探して会いに行ったよ。サヤが待ってるって伝えたらびっくりしてた。でもまだ修業中だから、って。きっともうすぐ戻ってくるよ」

 怖くて私が調べられなかったのを彼はわかっているんだ。

「あり…がとう」

 涙が溢れた。夫は私たち家族を捨ててなかったのだ。

「いい人だね。僕よりずっとサヤにお似合いだ」

「ふふ、会ったんだものね。私、夫と初めて会った時すぐにこの人好きだなって思ったの。なんでかわからないけど、コウ君の時もそうだった。だから、今度こそ絶対に幸せになるんだって気合で結婚したんだった。大事な事思い出せたよ。ありがとう、コウ君」

 私は彼に抱き着いた。

「最後にいいことが出来て良かった。少しでも善人になっておかないと、地獄行きかもしれないし。本当はサヤだけ幸せになるのが悔しくて言うか迷ったんだ」と弱々しく笑った。

「じゃあさ、川渡らないで待ってて。私も一緒に渡ってあげるから。一緒に転生して、今度こそ本物の姉弟になろうよ」

「…そこは恋人じゃないんだ」と言ってその日初めて笑った。

「だってまた捨てられちゃう」と言って私も笑った。

「きっと私たちは恋人じゃないんだ。だって、一緒に居ると姉弟みたいだねっていつも言われてたじゃない。コウ君には奥さんがぴったりだったんだよ、きっと。すれ違ってこうなってしまったけど…」

「…そうだね、姉弟がいい。でも彼女が出来たらすごい邪魔されそう」

「そうだよ、ちょっとやそっとの愛情ではコウ君とカップルになんてならせないんだから」

「毎日楽しそうだ」と彼は口角をあげる。

「うん、きっと楽しい。どれだけ恋人と別れても姉弟はずっと一緒にいられるし」

「サヤ、ありがとう…ちょっと疲れちゃったから、寝るよ」

「寝るまでここにいるよ。おやすみ、コウ君」

 私はガリガリに痩せた彼の頭や頬を優しく撫でた。

「サヤ、おやすみ…」


 それが最後に聞いた彼の言葉だった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます