第8話 思い出

 彼は海沿いの温泉宿を予約していた。

 そこは、次来たらあそこに泊まろうね、とずいぶん前に言っていたこじんまりした和風の上品な宿だった。彼が覚えていた、それだけでなんだか胸が痛い。


 受付をする彼の後ろ姿を見ていて、ふと今なら帰れるな、と思ったが、もう彼を放り出して帰る気にはなれなかった。

 複雑な顔をしていると、彼が「まだ困ってる」と言って、手をとって優しく私を立ち上がらせた。部屋に向かう廊下で、

「夫婦にしか見えないだろうね」と彼が嬉しそうに言う。何が嬉しいか全く理解できないが、

「…そうだね」と私は答える。こういうところが奥さんに浮気される原因なのかもしれない。でも教えてあげることはないだろう。私たちは変わるには年を取り過ぎている。

 付き合っている時に私が感じていた3年の年齢差は、40代になるとなくなっていた。


 部屋に着くと、海が広く見渡せる角の特別室だった。広々としたベランダに出ると露天風呂も付いている。天気がいいので海がとっても綺麗に輝いている。

 思わず顔がほころんだ。

 旦那が鬱になってから6年、旅行なんてずっと来ていない。家族でここに来て子供の喜ぶ顔が見たかった。私の表情を見て、

「サヤが喜びそうだって思ってたんだ」と言って彼は満足そうな顔でソファーから立ち上がった。

 ベランダの手すりにもたれている私に近づき、背中から抱きついた。そして、

「いいの?本当に」と聞いた。

「今更何言ってるの、ダメって言ってるのに無理矢理連れてきたくせに」と私は海を眺めたまま少し笑った。彼は、

「ごめんね。サヤにしか甘えられないんだ」と言って、後ろから首や肩に何度も唇をつけた。彼の唇の冷たさが熱い身体に心地いい。

「ね、ダメって言ったらどうするの?」と聞いてみる。

 手がニットの中に潜り込んで素肌を撫でる。

 その手も冷たくて気持ちいい。

 私はいつの間にか彼に気を許していた。彼は私の問いかけには答えず、首に跡が残りそうなくらい強く噛んだ。

「あっ、や…痛くしないでよ」

「これくらいが好きでしょ。それとも誰か見られたらダメな人がいるの?」

「…会社で勘ぐられるのが嫌なだけ」

「いるんだ。会社の人?」

「ん、そこだめって…んっ…」

 いつの間にか上半身の服が脱がされている。

「ちょ、っと、だめ、ここベランダだって…やだっ」

「誰も見てないから大丈夫、僕だけだよ。ねえ、その会社の人と付き合ってるの?こんな風にされてるの?」と言って彼は私のジーンズをゆるめて手を差し入れ、ゆっくりお尻をなでた。そして私の肌で温かくなった指を彼は中に埋める。いつの間にかジーンズは膝まで下げられていた。

「…やっ、乱暴だって…」

「今日は乱暴にしたい、いいでしょ」

「な、なんで…っつ」

 彼が入れる指の本数が増えて快感でつま先が立ってくる。意地の悪い彼は私が乱れてくるのを見て楽しんでいるのがわかる。

「ね、乱暴に後ろからして欲しいって言いなよ。好きでしょ、後ろからするの」

「んっ…やだ、言わないっ…」

「悪い子だ」

 そう言って彼は私の片足を持ち上げた。



 彼がくたっとなった私をベッドに横たえる。耳元で、

「サヤ、中まで震えてたね…本当に気持ち良さそうだった。会社の男と比べてどう?」と真剣な顔で言った。バラバラに身体がほどけるかと思うくらい気持ちよかったが、彼がいい気になりそうなので言わないでおく。

「バカ」と言って反対を向くと、顔を両手で挟まれて彼の方を向けられる。

「僕は本気で聞いてる。わかってるよ、したんでしょ、なんか違う」

「…内緒」

「本当に悪い女だ…お仕置き」と言って、彼はまたキスする。今度は優しく。

 彼の舌が私のと絡む。お互いの舌先が触れるとチリリと感じるのが懐かしい。

「なんか、サヤとの昔のキスを思い出しちゃった」と彼も言ったのでびっくりした。

 付き合っていた時も、彼と肌が合わせると本当に身体の芯から気持ちが良かった。何度してもし足りなかったことを思い出す。調子が悪くても嫌なことがあっても、彼といると元気が出た。

 私は思い出して少し泣いた。そういえば捨てられた時もこうやって彼を思い出しては泣いたのだ。

 私が別れた時の痛みを思い出しているのを彼は感じたのだろう、

「サヤに謝りたかった。ごめん。許して欲しい」とぼそりとつぶやいた。

「何を今さら言ってるの、お互い家族もあって幸せだからいいんだよ。そういう風に最初から出来ていたんだ。だからもういい、お互いの家族を大事にしよう。でもそうやって思ってくれた気持ちが嬉しい、かな」

「きっとサヤならそう言ってくれると思ってた。ありがとう、これでサヤに関しては思い残すことはないよ」

「バカ、何年寄りみたいなことを言ってんの」

「そう言ってくれると昔に戻ったみたいで嬉しいな」

 彼は私が身体のどこが感じるか確かめるように撫でたり舐めたりした。

 裏返されて背中を責められると身体がびくりと反応して声が出てしまう。

「…っつ…」

「ここもすごく感じるんだ。サヤは後ろが好きだな」

 そう言って、彼は指をゆっくり優しく入れた。

「んっ、やっつ」

 彼が何度も奥まで入れた指を音を立てて抜くと、私は脱力してべったりと身体をベッドに横たえた。彼がわざと耳元で、

「ね、何度も出来ちゃうから、困るな」と言って、私の身体を後ろからゆっくり深く挿した。二人で一つの生き物みたいだ…、快感の中で思っていると、

「僕達一つになってる」と切ない声で彼が言った。

 私は胸が高鳴るのを抑えられなかった。


 彼と何度かしてから一緒に露天風呂に入った。

 なんだか恥ずかしいのでタオルで隠していると、

「何、隠して。サヤってそんなんだっけ?」

「そうだよ。だって結婚してる同士だし…もうずいぶん年だし」

「僕の奥さんはずうっと浮気してて、サヤの旦那は失踪してる。そんな風に感じる必要ある?」と彼はちょっとイラっとして言った。

 やっぱり奥さんの事になると気持ちが荒くなるようだ。

「ね、本当は奥さんが大好きなんじゃないの?浮気したの私が初めてでしょ?」と私はかまをかけてみた。

「…だから許せないんだよ」

「そっか…」

 やっぱりそうなんだ。

 私は当て馬で、奥さんが本命。捨てられた時と同じだ。でも彼は私がそう感じている事には全く気が付かない。

 そうだろう、そういう人だ。昔から無意識で人を傷つける。

「いいんだよ、あんな女」と言って私の側にきた。

「ちょ、ちょっと、寄らないで。恥ずかしい」

体型が昔とあまりに違っているので見られたくない。

「いいでしょ、今日だけ。昔みたいに洗ってあげるから」

「奥さんにしてあげなよ」

「その話は止めて」

そう言って彼は私を湯船の中で強く抱きしめてキスした。

 彼は私を昔のように隅々まで丁寧に洗ってくれた。

 まるで私たちの間違いを流すように。

 よく見ると彼は4月に会った時より痩せたように見えた。



 宿泊の次の日の天気は引き続きとても良かった。彼は晴れ男で、旅行で天気が悪かった記憶がない。

 帰り道、彼はぽつぽつと話し始めた。

 奥さんの浮気、その浮気相手に問題があること、両親と奥さんの不和。そして会社の健康診断で引っかかり先日病院で詳しく調べた結果が出た事。


「僕もうだめなんだ」と彼は前を見ながら静かに言った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます