第7話 成り行き

 母に電話して、古い友達と成り行きで旅行に来てしまったのでと嘘をついて、子供たちの夜ご飯を頼んだ。この年で母に嘘をつくなんて情けない話だった。

 母はこれっぽちも疑ってもおらず、快く引き受けてくれたので余計に心が痛む。

 きっと仕事ばかりの私の事を心配しているのだろう。本当は夫と別れて欲しいと思ってることを私は知っている。でも言われたことはない。彼女はとても思慮深く優しい人なのだ。

 私の家族の問題で心痛が大きいのに…母に申し訳ないと思う。


 電話を終えると彼がすぐ後ろで聞いていた。あまりにしゅんとした私に申し訳なく思ったのだろう、

「ごめん、ママさんに嘘つかせて」と謝った。

「いいよ、あなたのこと気に入ってたしね」と私は少しだけ嫌味を言った。


 そう、彼の事を母はとても気に入っていた。

 私の二人の弟も彼を慕っていたのだが、母は特にだった。母の父、つまりは私の祖父にまで紹介したくらいだ。

 父も彼を気に入っていた。弟と同じ大学の工学部に通っていて、人生にポジティブな彼を好ましく思っていることは明らかだった。

 私の家族とよく近所の中華やお寿司を食べに行ったのを思い出す。


 反対に何かにつけて消極的で卑屈な態度を見せる私の夫には両親はやや冷たかった。

 私の家族が彼と夫を比べていたことに思い当たったので自分でびっくりした。

 夫は繊細なのでその空気を感じていただろう。彼の病気の一端の可能性に思い当たって責任を感じた。

「よく一緒にご飯とか食べに連れてってもらった。あんなに良くしてもらったのに僕は君の家族を裏切った。謝ってもない。ママさんにはもう会えないね」と悲しそうに言った。

 前向きかつ楽天的な彼のことだ、きっと今まで私の家族の気持ちなんか考えたことがないだろう。悪いと思ったこともなかったはずだ。

 彼はそういう人だ。わかっている。嫌味を言ったことに反省した。

「いいよ、もうずいぶん昔の事だし。それに…」

 彼のおかげで夫と結婚できたという側面もあった。

 もし彼と付き合っていなければ夫はうちの家族から受け入れられなかったろう。

 捨てられて行き遅れた私を拾って結婚してくれた、ありがたい、という感謝の気持ちが私の両親にあるのだ。

「あなたの家族に私は嫌われていたから」

 ずっとひっかかっていたのだ。

 彼は私が彼の家族に嫌われていることをペラペラと話した。

 私が傷つかないと思っていたのだろう。

「…そうだったね。ごめん、嫌な思いをさせていたね」

 確かに嫌だった。

 会ってもないのに彼の家族は私の事を嫌っていた。

 正直、地元のスーパーでレジのバイトをしても私のレジには人が並んだし、二人受付がいたら、ほぼほぼの確率で私の方に人が来る、美人ではないが、そういう人を安心させる何かがあると自分では思っていた。要するに自惚れていたのだ。

 だから彼の家族に嫌われているのがとてもショックだった。

 彼に捨てられてあっさり引き下がったのも、もう彼の家族の事で気に病む必要がないとどこかでほっとしたからだ。だって結婚したら一生ついてくる問題だ。

 別れた時は、世界から『お前なんかいらない』と通告されたように感じた。彼の家族も私がいなくなって喜んでいるだろう。だが私もそうだ、とどこかで思っていた。

「でも僕の母は、新しい彼女を連れていく度に最初は喜んでいたけど、時間が経つといつもがっかりしていたよ。サヤの方が良かったって勝手なことをよく言ってた。よりを戻してもらうように職場まで僕に内緒で行ったらしいし」

「え?」

 それは初耳だ。

「うん、妹から聞いた。もうサヤは辞めてていなかったけど。僕も連絡をとれなかったし」

「携帯なかったもんね、あの時代」

「違う。僕はサヤを徹底的に傷つけて怒らせたから、反応が怖くて顔を合わせられなかったんだ。家を知ってるんだから会いに行けばいいだけなのに…」

 確かに私は猛烈に怒っていた。

 彼に別れを切り出されてもポーカーフェイスを保って何も言わなかったが、人生で一番腹の底から怒っていた記憶がある。

「気が付いてたんだ」と私が笑うと、

「鈍い僕でもわかったよ。僕は都合よく気が合うんだし友達になろうなんて思ってたけど、甘かったんだ。もう二度と会えないんだって最後のサヤの顔を見て思った。サヤの僕への思いが深くて大きかった分、怒りも失望も大きいんだって。軽蔑してたんでしょ」

「…うん。こんなにうまくいってるのにそう言うってことは、私でなく纐纈こうげつ家か君自身に問題があるって軽蔑した。そうしないと自分を保てなかったから」と正直に言った。

「そうだよ、サヤの言う通り僕と僕の家に問題があったんだ。でもその時はそれに気が付かなかった。家族の言う通りにした方が楽だったから流されたんだ」

「で、入社して美人で学歴の高い人気の女子と付き合って結婚したんだね」

「うん、できちゃったからね。もちろん纐纈家はスペックが高い彼女と付き合いだして大喜びでちやほやしてたけど、だんだん『纐纈家のことをバカにしてる』って言いだしてね…。妊娠したから結婚するって言った時の両親の顔が忘れられないよ」と辛そうに彼は言った。

 私はそこまで彼の話を聞いて、やっぱり彼と別れて正解だったんだと思った。きっと纐纈家では私は幸せになれなかっただろう。

「うちにお嫁に来なくて良かったと思ってるでしょ」と彼が私の顔を見て笑って言った。

 私はそれには答えなかった。

 その代わりに、夫の両親がとてもいい人で良かったと心から思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます