第4話 居場所

「なんか最近サヤの雰囲気変わった」


 そう同僚の木村さんに指摘されたのは土曜日の新入生歓迎会でだった。


 仕事場は万年の人手不足で目が回るほど毎日が忙しい。

 ハウスメーカーのエクステリア部門という特殊な内容のせいで同じことの繰り返しがなく、飽きっぽくて単純作業が苦手な私にはとても合っていた。

 建築系の男社会もさっぱりしていて性にあう。打ち合わせの時以外はラフな作業着でいいのも残業が多いので手当が多いのも魅力的だ。

 一緒に働く元ヤンキーでバツ2の女性社員は仕事が嫌いで、気はとてもいいのだがちょっと忙しいと文句ばかり言ってお尻が重い。口癖は「私は人一倍働いている」だ。冗談かと思っていたが、存外本気らしい。女性で一番長く勤めているので誰も何も言えない。

 彼女がそんなせいもあり、フットワークが良くてなんでもしたがる私は重宝されて助かっている。ありがたい話だ。

 会社はハウスメーカーとの絡みで日曜日と水曜日が休みだ。

 今夜の新入社員歓迎会はうちの部署だけでなく合同なので、住宅販売の営業マンもたくさんいて賑やかな飲み会になっていた。

 会社の近くにいい具合の飲み屋があり、いつもそこでやるのが定番になっているのだ。


「そうですか…どんなふうに?」と言いながらも心臓がドキッとして、座るとめくりあがるスーツのスカートの裾を下げる。

 なんせ鋭いのだ、この人は。

 木村さんは設計兼営業担当だ。私の3歳上だが難しい高額物件を扱っている。

 もう10年以上私は彼の下で簡単な物件を担当したり、彼の図面をキャドで起こし見積もる仕事をしていた。

「俺も思った、最近化粧してるでしょ。前は全然だったじゃん」と現場監督の河合さんが言う。

「そ、それは、娘が年ごろだから恥ずかしくないようにって…」と私が言い訳するようにモゴモゴ言う。なんだか恥ずかしい。

「あー、あれでしょ。入学式で他のお母さんが綺麗だったから気にしてるんだろ」と木村さんが言う。

「ドキ。木村さん鋭いですね」

「サヤちゃんそういうとこあるよね。会社にはスッピンで来るのに子供の事になると違う」と河合さんが言う。

「いや、会社も大事ですよ。でも化粧は正直仕事には必要ないかなって思いますがね」と私が言うと、

「そんなことないよ、綺麗にしている女の子がいるだけで俺たちは頑張れるんだから」と木村さんが真面目な顔で言ったので笑った。

「40歳でって…笑わせないで下さいよ。それに木村さんはキレイで優しい奥さんがいるじゃないですか」

 彼の指にはセンスのいいシンプルな指輪がいつも嵌められている。

 彼は私が入社した日の直前に結婚していた。

 纐纈こうげつさんと別れたばかりの私は、木村さんと初めて会った時、タイプだ、ラッキー!と思ったが、素敵な奥さんと結婚したばかりのラブラブカップルと知ってがっかりした記憶がある。

 今は仕事も出来るし尊敬する先輩だ。

「俺は奥さんいないよ、だからいいよね」と河合さんが笑って言う。

 彼は工事担当で、とても男気があって仕事がしやすい。私が未熟なので、部長が私と彼に組ませることが多いのだ。噂によるとバツイチだという。

 工事でわからないことは何でも相談できる先輩だが、一人っ子、と言う以外はプライベートの事は全くと言っていいほど話してくれない。先日彼のお父さんが亡くなった時も、誰も彼の父親がずっと入院していることを知らなかったくらいだ。

 さわりだけ気心の知れた彼らに相談してみる。

「昔の彼氏と先日の娘の入学式で会ってしまって動揺してるんです。娘同士が友達になったので顔を合わせる機会があるんですが、私旦那がいないんです。もう2年くらいかな、どっか行っちゃっいました。それでなんだか…」と私が上手くまとめられずに説明すると、

「2年って…?まじでそうなの?なんか家庭がうまくいってる感があったから、夫婦円満だと思ってた」と木村さんが大声を出す。私はあわてて、

「しっつ。内緒ですから静かに」と頼んだ。

 おしゃべりな女子社員たちには聞かれたくない。彼女たちは同情するふりをして裏で批判して面白がるだけだ。

「知らなかった。サヤちゃん大変だったね」といつもおどけて冗談ばかりの河合さんが優しく言ったのでなんだか泣けてきた。そんな私を見つけて、

「お、おまえサヤを泣かしたな」と部長が来て河合さんに注意した。

 部長は私の家の事情を知っているのでいつも密かに心配してくれている。

「すいません、河合さんの人間らしさに触れて涙が」と言ったら、部長と河合さんが笑った。

 木村さんは変に神妙な顔をしている。

 いつも能天気な部下の家庭が崩壊していると聞いて心を痛めているのだろう。仕事ができる上にとても優しい人なのだ。

「仕方ない、俺が送ってってやるから飲め」と言って、河合さんが私のグラスにビールを継ぐ。私は笑って、

「河合さんもう飲んでますよね、警察に捕まりそうで絶対嫌です」と言うが、口にグラスを持ってくるので仕方なく頂いた。

 一口飲んでしまったからには私も飲まないと。そう思い、久々に思いっきり飲んでしまった。酔いながら実家の母に連絡して子供の事を頼んだのまでは覚えていた。


 気が付いたら会社の畳の仮眠室だった。隣には木村さんが寝ている。他の男子社員も3人程寝ていた。いい大人なのに雑魚寝を久しぶりにしてしまった。

 私は立ち上がってトイレに行き、顔を洗った。窓の外を見ると真っ暗だ。

 仮眠室の布団を出し、皆に掛ける。風邪をひかれると仕事が遅れるので困るのだ。私たちの仕事は家の工程のドンづまりなので、納期がシビアだ。

 一人でも調子を崩すのは避けたい。


 私は全員に布団をかけ、部屋から出て仕事場に入る。ここにいると安心するのだ。誰もいないってことはほぼない。いつも誰かが残業していたり、寝ていたりする。日曜日だって、残っている仕事をしにくると必ず誰かがいるくらいだ。

 居心地がいいのだろう。

 パソコンを立ち上げてメールでもチェックしようかと思ったら、背後から声をかけられた。

「今日はもうやめとけよ」

 木村さんだった。

「大事なメールが来てないか気になって」と笑って言うと、

「おまえも病気だな」と彼も笑った。そして隣の自分の席に座った。

「な、サヤって…いや、いいや」

「なんですか、途中で気持ち悪いですけど」

 ちょっと迷ってから思い切ったように言った。

「旦那と別れないの?」

「なんでですか?」

 私はびっくりした。

「なんでって…帰ってこないんだろ?」と当然のように彼は言う。

「多分帰ってきます」

 私の直感がそういっているのだ。

「でも2年も家族を放っておいた時点でアウトじゃない?」

「そんなことないです。結婚してるんで待っててあげないと…帰ってきたとき居場所がなくて可哀想ですよね。別れて欲しいって言われたらそうしますが…」

 私がそう言うと木村さんが急に私を引き寄せて力強い腕で抱きしめた。なんなんだろうか、最近続けてこんなのどうかしてる…私に隙があるんだろうか?寂しそうだから?

「おまえはバカだと思ってたけど、本当にバカだったんだな。もっと賢く生きろよ」

 彼は酔っているのだろう、彼を引きはがそうとしたが難しい。仕方ないので力を抜いて諦めて聞いた。

「賢く…ですか。例えばどうすれば?」

「…」

 彼は何も言わず私の唇を自分の唇で塞いだ。煙草とコーヒーの味がする。

「ん…」

 しばらくそうしていた。

 木村さんは酔っているからどうせ明日には忘れているだろう。私も忘れればいい。

 彼は唇を離すと私の眼をじっと見、ぼそりと「好きだ」と言った。

 酔っていないのかもしれない、と私はやっと気が付いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます