第3話 電撃訪問

 気が付いたらお昼を随分と過ぎていた。


 ご飯を作るのが面倒だ。何か食べようと冷蔵庫を開け、残り物のさけるチーズをかじりながら本をまた開こうとすると玄関のチャイムが鳴る。

 何かあって帰ってきたのだろうか、怪我?病気?

 子供だと思って急いで玄関ドアをあけると彼だった。

「な、何?」と思わず身構えて驚く私を見て、満足そうに笑った。

 思ったような反応だったらしい。

「いや、忘れ物届けに」と言った。

 何か忘れてきたっけ?と考えているうちに彼がドアの隙間を広げて玄関にすっと入ってきた。

「ちょ、ちょっと。忘れ物置いて、帰って」と言うと、彼は私の身体をぐいっと引き寄せキスした。

「ん…や、だ…」

「サヤが嫌って言う時は本当はして欲しい時だって知ってる。キスの忘れ物、届けにきた。昔を思い出してしたくなってたでしょ?」と言って、玄関のドアに私を押し付け長いキスをした。

 相変わらず勝手なことを言う。でもそういうクサいことを言う人だっけ、と思っていたら今度は舌を侵入させてきた。久しぶりのディープなキスで身体の力が抜けていく。

「んんっ、やめ…」

「本当にやめていいの?」と彼は意地悪く聞いて、玄関のカギをかちゃりと閉めた。

 なんなんだ…嫌な予感がする。それも

「僕はずっと後悔してた。なんでサヤと別れてしまったんだろうって。サヤはどうなの」

 彼はそう言いながら首筋に唇を這わせる。

 ど、どうって…?何が言いたいんだろう。

 彼が歯を立てると私の体がびくりと反応して思わず声が出てしまう。

「相変わらずいい反応してる」と言って私の上半身を少しずつ脱がせていく。

「ちょ、だめだって」という私の制止を全く聞かず、彼は私の右胸の先端を優しく、絶妙に噛む。

「んっ、そこだめっ…」

「知ってる」そう言って、彼は私の弱いところをじっくりと責める。

 多分私から言わせるつもりだ、あれをして欲しいって。

 全身を確認するように嘗め回す彼に、いつの間にか服をはぎ取られていた。

 彼が私の中に長い指を滑り込ませた。私を興奮させるためわざと音を立てる。

「垂れてきそうだよ、サヤ」

「もうやだ、やめて、お願いっ…んっ」

「ここ、すごく好きだよね。ほら、どう?」

 彼は私の一番弱い部分を優しく指の腹でしつこく撫でる。頭が沸騰しておかしくなりそうだ。

「こんなのダメだって、本当にやめて…」と私は小さな声でお願いする。

「何?聞こえないな」

 彼は昔のように意地悪く言う。

「やめてくれないと…っ」

「何をやめるの?ちゃんと教えてよ」

 もう恥ずかしい格好をさせられてこれ以上は言えない。私が喘ぎながら困っていると、

「そんなに欲しいの?」と意地悪そうに聞く。

 私が「ち、ちがうっ」と首を振ると、

「じゃあ、仕方ないからあげようかな」といって力の入らない私の身体を持ち上げる。私の身体は拒むことなく彼を受け入れた。 

 私の中で何かが弾けたのがわかった。


 玄関で1回目のセックスをしてから、彼はくたっとした私を抱き上げてリビングのソファーに連れて行った。

 彼はまたいろんな体位を私にさせ、どれが気持ちがいいか一つずつ確かめる。

 恥ずかしさで頭がくらくらするが、でもどこかに彼の言うがままに自分がいる。

 ずっと私は気を張って女性であることを忘れようと頑張ってきたのだとその時気が付いた。

 本当は疲れ果てていた。寂しかった。誰かに甘えたかった。それも口先でなく全身で。


 私たちは壊れたように何度もした。



 夕方、彼が帰った。シャワーを浴びてずっと使っていなかった部分をよく洗った。

 まだ彼を求めて濡れている。

 昔もそうだったが彼といると身体が自然に反応するのだ。うつ病の旦那とはずっとセックスレスだったので楽だった。家族のことと仕事で毎日が手いっぱいだったのだ。それでも他の男性と浮気なんて考えたこともなかったのに…。

 これは間違っている。彼とは二度と会わない。そう決めた。

 私はミナとユウの親なのだ。二人に言えないような恥ずかしいようなことはしてはだめなのだ。



 彼との間違いの後、私は彼と奥さんを避けた。

 アイちゃんが来るときは用事を作って家を空け、二人で遊ばせた。家に遊びに行くときは近くのコンビニで降ろした。娘には仕事があるから急いでいるとウソをついた。仕方なかった、そうするしかなかったのだ。

 しばらくすると娘たち二人も他に友達が出来て、グループになってからは単独でうちに来ることがなくなった。

 何よりクラブに入ったし勉強もあるしで遊ぶ暇がなくなったようだ。


 私は心の底からほっとした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます