妹(義理)と暮らしていきます〜イチャイチャしながらほのぼの幸せを掴みたい〜

九条 けい

2人の決意

第1話 戦力外だそうです

 約2000年前、突如としてアンデットの存在が確認された。それは、終わりなき厄災の始まりであった。


 次から次へと押し寄せてくる超常的存在アンデット。最初こそ、民の手で駆逐できていたが膨大な数のアンデットその中でも「リッチ」と呼ばれる強力なアンデットの前に瞬く間に人類の生存圏は失われていった。その時、みなが思った。もう人類は終わりなのだと。 


 しかし、神界の決断はそう遅くはなかった。神々は人類を見捨てはしなかった。「加護」といわれる力を与えることで人類滅亡を防ごうとしたのだ。歴史書ではそういうことになっている。


 実際のことは神々しか知らない。しかし、このアンデットの発生には何か裏があるようで。だが、それを人類が知る由はなった。


 超常的能力「加護」。12歳を迎えた子供がまれに発現する。発現率は100分の1といわれている。しかし「加護」の持ち主であっても、その力を引き出せるものは少なかった。


 その中で「勇者の加護」を発現した少年の噂はこの世界に生き残った人々に勇気と希望を与えた。


 勇者はアンデットに果敢に立ち向かい戦った。自分のように高い戦闘能力を持った人とパーティーを組み、次々とアンデットを駆逐していった。


 その姿に感化された人々は少なくなかった。加護の有無にかかわらず、冒険者の数は劇的に増えた。誰もが、人類の希望である勇者に憧れたのだ。


 その中、初代勇者の死は人々の不安を煽った。初代勇者がついにアンデットの軍勢の前に膝をついたのだ。


 しかし、今からすれば、杞憂だったといえる。1年も待たずして、2代目勇者の加護を持つものは現れた。先代と変わらない強さをもっていた。


 初代勇者の誕生から1800年。偉業だ。かつて、4分の3も侵略されていたといわれる人界は彼等と、彼等によって感化され立ち上がった多くの戦士によって半分まで取り返したのだ。



 ◆◆◆



 夜の街は賑やかだ。王都サントヘルム。今の人界の中で一番大きな街。今日は特に勇者パーティーの帰還で街はお祭り騒ぎだった。そこらじゅうで酔っ払いなどを見かける。


 実際酔っ払いなどはこのサントヘルムにも日常的にいるのだが、今日は、たかが外れたようにみなが飲みふけって騒いでいた。


 そんな喧騒の中を、勇者パーティーのメンバーであるクラン・ヴィークは浮かない顔で歩く。いや、元勇者パーティーのメンバーといった方が適切か。


「私たちのパーティーにあんたはもういらないから急で悪いけど早く出て行ってもらえる?」


 109代「勇者の加護」の持ち主でありヴィークの幼馴染でもあるフィオ・マリンはヴィークにそう言った。いわゆる戦力外通告。ほかの仲間たちもニヤニヤしながらヴィークをみている。なるほど、ヴィークの居場所はここにはないらしい。


 ヴィークの勇者パーティーでの役割は魔法での仲間の支援だった。そう、人々は魔法を使うことが出来る。4000年前から途切れることなく伝わる先人たちの知恵だ。


 しかし、魔法を使うには魔力が必要であり、その絶対量は個人によってバラバラで、同じ魔法でも魔力の量によって威力などに差があった。


 そして何よりどれだけの魔力があっても魔力適正がないと魔法は使用出来ない。高い魔力を持っているのに魔法を使えないという宝の持ち腐れもよくあった。


 火を灯したり、水を生成したり、傷を癒すことだって出来る。しかし、その応用は難しく二重魔法を使える者は少ない。三重魔法なんて滅多に見られるものではないのだが、ヴィークはさらにその上位の四重魔法を使いこなす事が出来た。それに加えて「完璧なる魔法の使い手」の加護の持ち主である。いや、それ故の四重魔法だということは自分が一番分かっていた。


 優れた加護を持つヴィークだが絶対的な魔力量がいささか少なかった。いくら優秀な魔法を作り出したとしても威力自体が弱ければあまり意味というものは無い。はっきり言って力不足である。


 ほかのメンバーが腕を上げるなか、限られた魔力量しかないヴィークは効率的なサポートに尽力していた。役に立っている、パーティーに必要な人材でいる、そう思っていた。しかし、それは自惚れだったらしい。


 ヴィークは王城を後にし、トボトボと街の中を歩いていた。行く当てを無くしたヴィークはこれからどうしようか悩んでいた。


「うーん。すること無くなったなぁ。これからどうしよう」


 この街からでて、どこかでひっそりほのぼの暮らしていこう。そう決めた。


 ヴィーク想像したその光景には自分以外にもう1人の女の子が横にいた。


 そう、ヴィークの頭に浮かんだのは自分の義理の妹であるアインの顔だった。自分の唯一の味方でいてくれた人。自分が絶対に守りたいと思った人。ずっと一緒にいたいと思った人。それがアインだった。


 13歳で勇者パーティーに参加させられてから5年間。まともに会って会話したのは2,3回、それも最後に会ったのは3年以上前のことだった。


「アインに…会いたい…」


 ヴィークの足は自然とアインのいるであろう家の方へ進みだす。今、ヴィークたちの両親は王城での勇者帰還パーティーに出席している。話してはいないがいるのを見かけた。このチャンスを逃したらもうアインといることはできないかもしれない。


「俺は絶対にアインを幸せにしたい。あんまり頼りにならないかもしれない...それでも...」


 ヴィークは家への道を急いだ。勇者パーティーを追放された自分にアインを幸せにする力があるのか。心の中にはそんな不安もあったが、それでもアインと2人ならどんな困難も乗り越えられると信じてヴィークは家へと向かった。




===



こんにちは、九条 けいです。この作品を読んでくださりありがとうございます!この作品はスニーカー文庫大賞に応募しようと考えているものですのでもしよろしければレビュー、応募、★いただけると嬉しいです。★、応募はタップだけですのでぜひよろしくお願いします。


イチャイチャはお話が進むにつれて加速していきます!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます