愛を死る

作者 シャーデンフロイデ

57

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

なんて言うべきか、俺には分からない。ただ、心の奥底で感情が突き動かされる感覚だけがある。「エモい」という言葉がこの為にあるかのように感じられた。俺がこの作品を見つけたのは偶然だが、運命とでも思わせてくれるような、そんな素晴らしい作品だ。俺の拙い語彙と表現でどこまでこの作品の良さを伝えられるか分からない。それでも何か書きたいと思ってしまったのは、作品が確かに俺の構成要素になったからだ。これからの俺には、この作品が含まれてしまうのだろう。人生の構成要素になるくらいの、そんな素晴らしい作品なのだ。

★★★ Excellent!!!

没入とはこの事を言うのだと実感しました。一度引き込まれると読み切るまでスクロールが止まりません。

初めに読んでから随分と時間をかけてレビューを考えてみましたが、読んでみてくださいとしか言えないという結論になりました。もしお時間に都合がつくようでしたら是非ともご一読ください。

★★★ Excellent!!!

親に捨てられた主人公と父親から暴力を受けている少女。二人の出会いから物語がいっきに動きだす――。

それぞれに抱えている闇。
圧倒的な絶望。
はじめて知った感情。

ラストは思わず『ああ!』と声が出ました。
読ませる力がすごい『愛』の物語。
衝撃の展開をぜひご覧ください。

★★★ Excellent!!!

主人公の闇が、丁寧に描写されていてとても感情移入しやすく、すっとその世界観に入り込むことができました。

展開が早くて、飽きたり、手を止めたりする間もありません。
終盤、あまりに突飛で驚きましたが、本当に「ああ、そういう事」という終わり方で、スパークリングワインを飲み終えた後のような、スッキリはしてるのに、何か胸に残るような、素敵なお話です。

★★★ Excellent!!!

「愛」という命を授かったものだからこその与えられる価値観。
主人公の男は、愛について疑問を覚えながら人生を歩んでいた。

そんな彼にもひとつだけ安らぎがあった。誰もいない「廃工場」に立ち寄り、孤独に過ごすこと。

そこに、一人の少女が現れるのだが、彼女も訳ありのようで、主人公はどこかほっとけない存在で彼女と廃工場で過ごすことに。

体に残る新しい傷。
それぞれの過去に、悩み。
そして、衝撃的結末。

ラストシーンは、圧巻です!
是非ご覧ください!