セージの草笛

鳴海穗

01 異端の女性

 その日は二十五夜にじゅうごやの満月の日。飛空船ひくうせんは、月光で縁取る雲をかき分けながら北上する。

 甲板には人影があった。その者は両手を胸元に添えて儚げな表情を浮かべながら、ただジッと進行方向を見据えていた。

 背後からカツ、カツ、カツ、……と、靴音を鳴らしながら誰かが近づいてくる。船長の指示で夜の巡回を任された操縦士の男だ。彼は人影に向かい声をかける。

「お嬢さん、そんなところにいると風邪をひいてしまうよ?」

 彼女は呼び掛けに応じるようにゆったりとした身動きで振り返った。

 顔は少々幼く見えるが、体型は大人の女性だ。暗い色をした服の上に華やかなあかのコートを羽織っている。色白で、海を連想させるアクアマリン色の瞳。服で隠しているが豊かな胸であることは間違い無い。今にも地に届きそうなほど長いブルーグリーン色の髪は、寒気を感じてしまうほど青白い月の光を透き通らせていた。

 男は彼女の姿を見てため息をつく。綺麗なものや美しいものを見た時に思わず出てしまうものだ。

 静寂な夜空の世界へと溶け込む彼女は美しかった。

「はい。大丈夫です……」

 落ち着きがあり、澄んだソプラノの返事が戻ってくる。少々訛りはあるが通じないことは無いだろう。

 ただ、操縦士は彼女の返答を聞き、心のどこかで寂しさや悲しさを感じる。その原因を探るために手に持つ懐中電灯の光を彼女へ向かわせた。

 顔に当たらないように気を配りながら改めて女性を観察する。ゆらゆらと揺れる光は暗闇にひっそりと隠されていたを映しだした。

「これは……」

 紅のコートに金の刺繍が施されていた。一度目にてから刺繍の模様から目を離すことが出来ない。

 脳裏で次々と見習い時代の記憶が蘇る。ある情景が浮かび上がった瞬間、ハッと気が付く。

(ーーまさか、このアマ……!)

 古い文献のあのページに載せられた挿絵と、コートの刺繍に施された幾何学模様が一致している。そのページを学んだ時には教官から何度も『異端』という単語が発せられていた。

「お嬢さん、なぜエスメラルダに行く?」

 静かに問いかける男の声は怒りと疑心が入り混ざる。

 ーー気がついてしまった。気がつかなければ穏やかに彼女を口説くことができたかもしれない。

 女の正体はだ。これから向かうエスメラルダ王国にとって癌そのものであった。

 男の心情を察したのか、彼女はギュッと瞼を閉じる。再び開かれたとき、微かではあるが澄んだ瞳は揺らいでいた。瞳は宝石のように煌めき始め、再びギュッと目を瞑ると目尻から涙が溢れだし、一センチメートル程の細かいシャボン玉のようなものへ形へ変えた。シャボン玉の涙は風向きに沿って飛んでいく。

 男はそっと腰に差すサーベルの柄へ手を添えた。

「抵抗する気か?」

 少々攻撃的な口調で訊ねれば、彼女は静かに首を横にふる。再度開かれた瞳には決意と怯えが入り交じるように見えた。

 声を震わせながら「私には会わねばならない者がおります」と、彼女は言う。

「会いたい者? 同族か?」

「……違います」

 ーー同族なんてもういない。彼女はそう言いかけた時であった。

 突如、船の下方より衝撃が走る。船体がグラリと大きく揺れ、二人は周囲を見渡した。衝撃は二発目、三発目と続き、揺れは次第に大きくなっていく。まるで荒波に呑まれたような感覚を覚えた。

「キュイエエエー!」

 思わず耳を塞いでしまう程甲高い鳴き声が聞こえる。声の方角を確かめれば翼の生えたドラゴン種の生き物に人が騎乗し、こちらの方へ攻撃を続けている。

 人は白銀の甲冑に身を包み、鋭利な剣や槍を掲げ士気を高めていた。

「襲撃か!?」

 襲撃者の一人が矛先を船へ向けると、敵集団とドラゴン種の生き物は咆哮をあげる。

 女性は駆け出し、一気に操縦士の背に回り込む。背合わせしつつ、周囲に警戒しながら「今すぐサーベルを抜いてください。このままですと死にます!」と、背中越しに語り掛けた。

 何が起こっているのか状況がイマイチ掴むことができない男は、とりあえず彼女の指示通りサーベルをユックリと抜く。

「私は……。ううん、今はチリィと呼んでください」

「……チリィ?」

「貴方は?」

「俺は……マーレだ」

「マーレ……。海の男なんですね」

 どこから取り出したのか、否、どこにそのようなものを忍ばせていたのか。気が付けばチリィと名乗る女性の手には自身の身よりも長く、刀身にうす桃色の光が仄かに帯びた大太刀を手にしていた。

 彼女は一歩踏み込み飛び上がる。瞬く間に敵勢力の先頭陣営へ距離を詰め、薙ぎ払うように斬りつけていく。

 しかし、敵の血は一滴も流れない。ただ、白銀の兵士とドラゴンは雲に覆われている地上へ向かい落ちて行った。

「チリィは……何を斬っているんだ?」

 鮮やかな剣技。淑やかな雰囲気は濁すことなく、逞しさをも感じさせる太刀筋だ。

 一組、また一組……と、敵勢力を地上へ落としていく。マーレは驚きを隠すことができないままその様子を見続けていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

セージの草笛 鳴海穗 @Inahomachi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る