SSの世界

 2014年に『双神の世界』と『CFMカオスファンタジーモンスターズの世界』が合成してうまれた「地球」。世界合成時、同時に周辺の異空間に異世界の断片となる独立した異空間「フィールド」が創られた。

 新しくできた『SSの世界』には、人間や動物など本来地球にいた生命と共に、竜や亜人など異世界の生命体も存在している。

 もちろん地球の摂理も異世界の摂理も存在している。

 だがこの時点ではまだ合成は完了していなかった。


 世界合成の260年後となる2274年には合成が終了し、合成に巻き込まれたフユカやイノなどme.ミートイーターズメンバーの大半がこの世界のこの時代に転移した。

 2274年からはフィールドから地球への侵攻が増加。

 この年に、「2514年に世界が終末する」という未来が確定した。


 政治の主権をAIが担っていたり、世界の平均寿命が100歳以上だったりと、科学力の進歩が見られるほか、物流の主流が転移ワープエレメントを使った空間転移になっていたりといった魔力的要素も見られる。


 終末の100年前である2414年には、世界に不確定要素「バグ」が多発し、敵によるさらなる攻撃を受けた。


 2514年には世界が終末し、地球上やフィールドの生命体(始祖王及び始祖の眷属は除く)が滅び、地上が荒れ地になった。

 残った始祖の眷属たちは新たな生命体「フォロン」を創造したが、詳細は不明。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

LOST FIELDS・GLOSSARY 入瑠亜鳩(IllruAcht) @depuresshon721721

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ