ラーメン屋に入ったはずなのに…

作者 秋野まろん

14

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とても幸せなお話です。ラーメン好きな主人公 田所清――普通の幸せを普通に味わう普通のサラリーマンである彼がラーメンを求めるところから始まるお話ですが、まさかのラーメンとはかけ離れた『とんでもない一品』と出会うことに。主人公の反応に思わず笑ってしまい、驚かされ、読みながら胃が……となりつつも主人公を応援し、そしてラストに最高に幸せになりました。
テンポが良く、ラーメン屋らしい店員の態度やさり気なく混ぜられたその界隈の有名人の話題、周りのお客さんの反応に読んでいて熱く楽しくなり、だからこそ場違いに出てきたその一品の印象深さに笑いが隠せません。それがくるのかあ……と。いや、正直こちらのお店に行きたいです。食べたいです。普通サイズを。
最初は戸惑っていた主人公が食の戦闘態勢に入るシーンはなぜか手に汗握りました。勢いってすごいです……その場に自分がいる気になりました。好きです。あの熱さ好きです。なぜこうも食の戦いは熱くなるのか…!最高です。
ラストのほのぼの日常で終わり、主人公の新たな道が開かれた感じもまた最高に幸せです。すごく楽しいお話でした。
幸せなお話や食べ物話が好きな方は是非に読んで頂きたいです。あと勢いが好きな方は絶対に読みながら主人公を応援したくなるでしょうから是非に!
素晴らしく眼福なお話でした。御馳走様です!