ベアリーパーは復讐する ~ 能ある王子は光の爪を研ぎ澄ます ~ (旧題:優秀とバレると(以下略))

作者 ペロット三吉

641

253人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


身分こそ隠れてはいませんが、優れた能力を隠しながら「事件」を解決していくストーリー展開は、まさに王道とも言うべき面白さがあります。

これから「レイア教」なるものたちを追い詰めていくのでしょうけど、どのように仲間を増やし、どのように主人公が暗躍するのか、

そこらへんを楽しみにしつつ、続篇はよ!


リンクとかの活躍とか、リナの闇魔法がさくれつする場面とか、脇役がみんな魅力的だからこそ、そういうのも楽しみにしてますよ!

★★★ Excellent!!!

テンポはミデアムな印象で、展開にメリハリが効いている。数々の光魔法のアイデアが素晴らしく特筆される。光魔法だけでもかなりの種類がある。千里眼は多くの人が憧れるだろう。
僕は小学生低学年の頃、頑張って修行すれば魔法が使えると思っていました。寒い時に炎の魔法があったら便利と思っていました。大人になった今もユメです。
文章に勢いがあり、構成力もしっかりしている。どのキャラクターにも存在する意味があり欠かせない。
闇魔法を使うヒロインが可愛い。二人は今後どうなるのかな。

★★★ Excellent!!!

復讐のために、バカの振りをして爪を研いでいる話は多々あるけれど、その間の過ごし方が筋が通っていて納得できる。
年齢と比較しての行動力に、若干無理あるが、能力設定の面白さでそれを補っている。

ちょっとヒロインの扱いと描写が厳しい気もするので、ヌルイ異世界モノに慣れた人の中には、ちょっと苦手に感じる人もいるかもしれません。ハードなところがイイという人もいそうですが。