高嶺の花が道端に居て、救済を依頼されたので俺は下心丸出しでその要求を飲みました。

作者 カクダケ

0

0人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?