第3話 想いの力 〜直緒&友美〜

『友美』


 憎念の気配がする現場に駆けつけて状況を一瞥する私たち。だけど、直緒は不安そうに弱音を漏らす。


「大丈夫かなぁ」

「たとえ不安だったとしても、大丈夫と思うことが大事」


 そんな直緒の肩に手を置き、励まし言葉をかける。


「そうだったね」


 私の言葉が届いたのか、直緒の表情は晴れた。


「それに私もついてる」


 ついでに、自分を戒めるために、直緒に聞こえるか聞こえないかくらいの声でそう呟く。言ってみて思ったけど、聞こえてたらめっちゃ恥ずかしい。


 聞こえてるかどうか直緒を見てみると、すでに臨戦体制に入ってる感じ。まあ、聞こえるわけないか。

 余計な心配を一個解消し、周囲を見渡してみる。うん、誰にも見られてない。


「今なら変化して大丈夫」


 そう直緒に合図を出す。なんでこんな確認をするかと言えば理由はいろいろあるけれど、姿が変わるところを他人に見られたくない、これに尽きる。


 直緒がポーズを取り始め、変化の準備に入ってる。


 それに遅れを取らないよう私も、光のラインが入った左手を胸に当て、右手を水平に突き出し、半円を描くよう左手のところに持っていき、両手でハートを作る。そのハートを身体の前に突き出し、身体を抱きしめるよう一気に両肩を掴み、そして叫ぶ。


「情愛変化!」


 その瞬間、両腕の光のラインが全身に広がり、私は光に包まれ瞬間的に変化する。まるで女児向けアニメの変身ヒロインみたいに。


 横を見ると直緒も変化が終わって、装甲を身に纏っている。


「お互い準備はできたようね」

「さあ、行こう!」


 そう言いながら直緒は状況も確認せず、一目散に駆け出してしまう。


「ああ、ちょっと!」


 声をかけるけど、私の制止も御構い無しだ。


「もう、しょうがないなぁ」


 直緒は純粋で真っ直ぐだ。だから、たまーに自分の事に全力で突っ走っちゃうことがあるんだよね。それが直緒のよさでもあるんだけど。


 私は呆れながらも現状を分析してみる。

 とりあえず数は多いけど、そんなに密集はしてない。


 ならばこいつの出番ってとこね。


 背中に差している刀を抜き、迫り来る憎念に剣先を向ける。


 刀身が日光を反射して鋭く、美しく輝く。鋼のように輝くこの刀も、憎念を切り裂き倒すという、私の想いが具現化したもの。


 その想いを遂げるため、刀をその手に私は駆け出す。予備動作ほぼ無しに初速から全速を出し、憎念が防御態勢を取る隙を与えない。


 間合いに入り込みながら、刀を振り上げ、呼吸を止める。そして「斬る」という想いを胸に抱き、


「ハァッ!!」


 と左肩から右腰に向かって一思いに振り下ろす。


 刃が憎念の肩に触れようがその勢いは止まらない。虚空を斬り裂くが如く、裂けてゆく。だらりと胴の横に置かれた右手も、胴を抜けた刃に巻き込まれ切り飛ぶ。


 私は目を見開き、消滅した憎念の向こうから現れる次の得物を、そいつを消滅させる方法を見据える。


「せいっ!」


 振り下ろした刀身をそいつの腹部へと流れるように突き立て、


「うらぁあああ!!」


 そのまま上段へと構え、薪割りをするように迫り来る敵を縦に真っ二つ。


 その後も迫り来る憎念を斬り続け、攻撃してくるやつの攻撃をいなしながら、カウンター的に蹴りや拳を当てて後ずらせ、斬る。


「フッ!」


 斬り上げると同時に真上に刀を投げ、飛びかかってくる憎念を空中で斬る。


 落ちてくる刀の柄をハイキックするように足裏で掴み、


「うらぁああああ!」


 回し蹴り、三体ほどまとめて倒す。


 刀を手に持ち直し、一息ついて周囲を見てみる。私の周りの憎念はあらかた片付いたか。まだ奥の方にはまだまだいるから、休んでもいられない。残った憎念を倒すべく、その方へ向かって駆け出す。


「うわっ!!」


 突然の悲鳴。


 その方を見ると、直緒が転倒してしまっている。慌ててブレーキをかけ、直緒の方へ向き直る。


 直緒は敵陣のど真ん中、仰向けで無防備に倒れている。どう見たって大ピンチ。


 直緒を守らなきゃ!


 どうやって? おもむろに駆け出して行って、その後も切り込んでいった直緒と私の間には結構な距離。走っても間に合わない。

 直緒の周りの憎念は距離を詰めてる。このままだと本当に直緒が危ない。


 なんとしても、絶対助ける!


 私のその想いに反応して、右手に小さな炎が灯る。


 私は直緒を助けたい。その想いを燃え上がらせて、燃える想いを右手に宿せ!


 私の右手が激しく燃える。


 この力を、想いを解き放て!


「ストライクファイアー!!!」


 ────────────────────


『直緒』


 両手を振り下ろさんとする憎念の攻撃に身構えたそのとき、突如として目の前は炎に包まれ、私の周囲にいた憎念はその炎に焼き尽くされた。


 炎の来た方を見つめると、友美が右腕を突き出している。友美はその手を下ろし、私の方へと駆け寄る。


「直緒、大丈夫?」

「ありがとう! 危ないとこだったよ」


 あと一瞬でも友美の援護が遅れていたら、私はダメだっただろう。


「無事でよかった」

「やっぱ、友ちゃんは強いね。それに比べて私はダメダメだ」


 あれだけの力を目の当たりにすると、どうしてもそう思ってしまう自分がいる。


「そんなことない!」


 友美は私の言葉を否定する。


「私は直緒を守りたいって想いを形に、力にして放っただけ」

「でもそれは友美だからできただけで、私にはまだ──」


 私の弱気を断ち切るように、友美は私の言葉を遮る。


「それは直緒にだってできる! だってそれは、私たちが持つ特別な力だから」

「特別な力?」

「そう。直緒、あなたの想いを力に変えるの!」

「私の……想い」

「そう今のあなたが心に抱えている想いは何?」


 私の想い、それは──。


「私はみんなを守りたい!!」


 その瞬間、風に吹かれたように髪の毛が逆立つ。そして、身体の奥底から、いや心の奥底から力が湧き上がってくるのを感じる。心なしか身体もさっきより軽い気がする。


 向こうの方にいる憎念たちを眺める。


 その景色を見ても私の心に不安感はない。私の心にあるのは、みんなを守るんだという想いだけ。

 その想いが私に勇気と力を与えてくれる。


「さあ、行こう!」


 ────────────────────


『友美』


 直緒が自分の想いを叫んだ瞬間、彼女の力が増すのを感じた。

 逆立った髪の毛がその表情を隠していたけど、その髪が下りたところにいたのは凛とした表情をする直緒だった。その表情には不安も、調子づいたことからくる蛮勇もない。


 みんなを守るんだという、純粋な想いと覚悟。


「さあ、行こう!」


 そう言って、直緒は向こうの方にいる憎念へと駆け出して行く。


 直緒は覚悟を決めて、自らの想いを力にした。だから、私も負けてはいられない!


 私は燃え盛る想いを宿したヒリつく右手で、手にする刀の刀身を撫で、その想いを刀に宿す。刀身は激しく燃え盛り、一振りする毎に刀身から炎が飛び散る。


 私たちの強い想いに反応して、憎念が向こうからやってくる。だけどそれならそれで好都合。向かってくる的を斬ればいいんだから。


 先陣切って向かってくる奴を居合の要領で斬る。刃が触れたその刹那その身体は炎に包まれ、胴を切り抜ける途中で燃え尽きる。

 その後もやってくる憎念をテンポよく斬り、燃やし尽くす。


 向こうからの攻撃を刃で受ければ、触れたところから火の手が回る。


 斬っても倒し、守っても倒す。炎の力のおかげで憎念はだいぶ数を減らしたが、それでもまだ多い。


 更にコイツらも学習し始める。普通に突っ込んでくるかと思いきや、私の目の前で二手に割れ、私を取り囲むように距離を詰める。おかげで私は、ちょうどさっきの直緒のように囲まれてしまう。


 この状況を打破するため、睨みをきかせながら燃え盛る刀身を向け、周りの憎念を威圧しながら考える。


 炎をそのまま使ってもいいが、それだと少々部が悪い。それなら一気に決める!


 私は身体を駆け巡る想いの形を、迸る雷へと変え、その想いの雷を刃へ宿す。燃え盛る炎は消え、代わりに刀身が青白く輝き始める。


 その輝きが最大に達したとき、天に刀を掲げ、私は宿した力を解き放す。


「大雷撃!!」


 その瞬間、刀に込められていた雷が周囲の憎念に向かって一斉に放たれる。その雷は私を取り囲む憎念全てに降り注ぎ、一瞬にして周辺は更地になる。


 私の方は終わったから、あとは直緒の方。直緒の方を見ると、そちらも憎念を倒し終わったところだった。


 そんなとき、遠くからパトカーのサイレンが聞こえてくる。

 これ以上いると面倒なことになる。


「直緒、逃げるよ」


 ────────────────────────


『直緒』


 みんなを守りたいという想いに身を任せ、飛び出してみて思うのは、やっぱりさっきよりも身体が軽い。足は自分から進みたがってるように力強く大地を踏みしめ、腕は重みが消えたようにスムーズに動く。

 おかげで走るスピードも速くなり、接敵も早くなる。


 でも、大丈夫。頭に思い描いた通りに動けるから、急減速もお手の物。その行き場を失ったエネルギーは憎念を殴るエネルギーへと変貌し、相手を綺麗に殴り消せる。


 身体がしなやかに、そして速く動くようになったから、憎念からの攻撃も楽々躱せるようになる。


 右肩を相手の攻撃に合わせて引き、身体を捻った勢いで、


「ぬうっ!」


 左拳をお返し。


 その体制のまま力を溜めて、一気に解放。


 右手が憎念の胴を突き抜け、カウンターも身体のバネを使えるから一撃が重くなる。


 迫り来る拳を躱しながら憎念の懐に入り込み、思い切り掌底を胴の中心へ打ち込み、吹き飛ばすと周囲の憎念も巻き込んで消滅。


 これで大部分は倒せて、残るは四体ほど。そんなとき、私の心の中に攻撃のビジョンが浮かぶ。その景色は見えてはいても、中々身体がそう動きそうにない。


 でもやらなきゃ。だって、私の心がやれって告げているから!


 私は心の示すまま駆け出し、一番手前の憎念に、


「やっ!」


 右ストレート。

 勢いのまましゃがみ、その隣のやつ目がけてジャンピングアッパー!


  体制を立て直し、後ろの奴の肩に飛び乗り、両肩に両足を乗せ、ジャンプする踏み切りに合わせて頭にチョップ!


「とうっ!」


 憎念がバキッと、悲鳴をあげるのと同時に勢いをつけ、天高く跳び上がる。


 両足を振り上げ、飛翔の頂点に合わせ空中で一回転。そこから一気に飛び蹴りの態勢になり、


「ムーンサルトキーック!!」


 飛び蹴りの形を保ったまま急降下し、キックはクリティカルヒット。


 キックの態勢から起き上がり友美の方を見ると、彼女の周囲で、激しい炎が燃え広がっていたり、雷撃が迸っている。その炎や、雷も友美の力で、広い範囲の人魂や化物をまとめて殲滅し終えたようだ。


 そんなところで、遠くの方からパトカーのサイレンが聞こえてくる。


「直緒、逃げるよ」


 友美に、撤退を促され、私たちは急いでその場を離れる。

 憎念対策処理班とは、近年の憎念被害の増加に対応すべく、警察内に設立された特殊チーム。彼らは私たちと異なり、想いを具現化させた特殊な力ではなく、現代の科学で憎念と立ち向かう。

 そして公的な対応では、憎念の対処は全て対策班が行うことになっているから、私たちは彼らと入れ替わりで逃げることにしている。


 先程までいた現場から距離を置き、私たちは人気の無いところで変化を解く。


「今日は直緒、なかなかやるじゃん。いい感じ」


 友美に褒められて、ちょっと嬉しくなる。


「エヘヘ、ありがとう。あっ、そう言えば、明日の新歓はどうするんだっけ?」


 大学で同じサークルの友美に、明日やる予定のサークルの新歓花見について聞く。


「私たちは準備だから、確か開門で場所取りかな。いや、本当悪いね。家近いってだけで準備メンバーにされられちゃって。しかも、下見だけだと思ってたら、明日フルでいてもらうことになっちゃって」

「別にいいよ。八時なら全然余裕。まあ、明日は自転車かなぁ。髪のセットは場所取りしてからしよう」


 サー室で花見担当のメンバー決めをしていた時、たまたまその場にいた私は、既に担当だった友美と友達ってことと、家が近いっでことで、半ば無理やり場所取りメンバーになってしまった。


「悪いね。私は買い出し担当だから、終わるまでそっち行けなくて。ちょっと気まずいと思うけど、まあ、何とか頑張って」

「別に、みんなの事を嫌いって訳じゃないから大丈夫だよ」

「確か、そのあと二時くらいまでそこに居てもらうんだったよね」


 友美の言う通り、私は場所取りして終わりではない。


「うん。でも、一年生の話聞けて新鮮な気分になれるから問題ないよ」

「直緒マジ神。じゃあ、明日頑張ろう」

「うん!頑張ろうね!」


  明日から本格的に、私の大学二年生生活が始まる!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る