勇者狩りの勇者

作者 紅蓮士

231

89人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異世界から転生してきた「勇者」によって一方的に変化を強いられる世界。コンピュータゲームではよくある行動も、それが実際に周囲へ与える影響が必ずしも善になるとは限らない。そして強大な力を持った「勇者」にモラルや自制心が備わっているのか、それが異世界の風習と相容れるのか。
いわゆる異世界転生ジャンルに対する痛烈なアンチテーゼ作品であり、どこか見覚えのある「勇者」のレパートリーにはメタ的なネタも感じられ、時折クスリとさせられます。

それでいて単なる悪党成敗ものに留まらない。世界の異物だとしても全ての「勇者」を殺すことは単純にはいかず、苦しみや葛藤がつきまとう。「勇者」一人一人にこれまで生きてきた人生があり、時としてそれが主人公の道程を重くしていく。
「勇者」を殺す宿命を負った主人公もまた「勇者」であり、その恩恵と弊害、そしていつか来る運命の過酷さに、復讐の炎はかき消されぬのか。

ハードな描写、たえず見え隠れする巨悪の影、そして召喚される「勇者」たちの謎。牧歌的だった世界に平和な日本からきた転生者を投げ込むことで生まれた地獄は、ゲームファンタジーの顔をしたダークファンタジーとなって、読者を惹きつけていきます。
この世界の謎と主人公の結末を最後まで見たい。そう切望しております。

★★★ Excellent!!!

完全に侵略者やないか転生者…ルビはどう考えても「インベーダー」

今ここに復讐者の孤独な戦いが…いや、女神さんも言ってるけど「インベーダー」は原住民全員でヘイト叩きつけて排除した方がいいよ…

嗚呼、各人のチートを奪った後に捕縛逮捕して、最期鋸挽きエンドを希望したい。