いつか、主人公になれると信じた私へ

作者 マージナル(旧春木直樹)

すべてのエピソードへの応援コメント

  • かつての私へへのコメント

    中二病を忘れない人もいます。
    そういう人が何か、やらかしたりするのかもしれません。
    良くも悪くも。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    いつも楽しく見させて頂いてます!
    そうですね、それが上手く昇華されたりすれば何かを成せるかもしれませんね。けど昇華できずにいたら。
    言う通り良くも悪くもですね。

    2019年8月8日 19:03

  • かつての私へへのコメント

    「死」とかいてあり、驚きました。
    私は、いつも貴方が下さる応援コメントに助けられ、励まされ、今があります。

    とても感謝しています。いや、マージナルさんのが居るから書いてると言っても過言ではありません。

    また無職になり、時間がありますので、また、貴方の小説を読ませて頂きます。

    急に居なくなったりしないで下さいね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    いとちん様の『それでも』と家族を支えようとする姿はとても尊いものです。

    そんな中、コメントが微力ながらでも応援になっているようでしたら幸いです。

    お恥ずかしながら思春期が抜けていないのか、未だ、『死んだらやり直せるかも』という想いもあります。

    しかし、いとちん様のエッセイを始め、物語などに支えられているのも確かです。急にはきっと大丈夫です。
    その前に…心が完全に『死』に向かう前に悪循環から抜け出したいと、思います。

    いとちん様こそ、お身体に気を付けてくださいね。

    2019年8月7日 20:56

  • かつての私へへのコメント

    二十代はまだ夢を信じてバリバリ働けるし、気合いでアニメを見たり、ゲームを買いまくれますが。

    三十代になると、子供の頃の夢や希望も、二十代の頃のガッツも消えかけますよね。

    ですが・・・希望は無くとも夢破れても、三十代で自分自身を冷静に見つめ、反省しているならやり直しは出来ますよ。

    四十代で、ヤル気が無いなら手遅れですが。

    作者からの返信

    短編の方にもコメントありがとうございます。

    そうですね、年々夢も希望もガッツ(気合)も減っている気がします。
    どちらかというとアラサーの方ですが、何年もすれば、アラフォーです。
    ガッツなど残っているのでしょうか。
    ここが分かれ目なのはなんとなく分かるんですけどね。
    やっぱり夢を見るのも努力しかないかなぁ。

    2019年8月7日 19:55