いつまでたっても俺の異世界生活は始まらない

作者 木元 啓

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全18話

更新

  1. 第1話 「無論、1話から異世界生活は始まらない」
  2. 第2話 「転生しようが、やはり世界は俺に容赦ない」
  3. 第3話 「レヴィオーサと分かってもウィンガーディアムが唱えられない」
  4. 第4話 「入城できても俺はビザをお持ちではない」
  5. 第5話 「魔力は有れど地下アイドルは日の目を見ない」
  6. 第6話 「怠けた神も俺の小言は聞き逃さない」
  7. 第7話 「明りを灯せど俺の背に伸びた道までは照らせない」
  8. 第8話 「点火はできても俺のコンロは弱火ができない」
  9. 第9話 「恋は冷めても俺のフーフーじゃお粥は冷めない」
  10. 第10話 「鍬を手にしても俺の襟の色は青くならない」
  11. 第11話 「疑念があっても俺の後悔は先に立たない」
  12. 第12話 「今を俺が笑えても俺のあの日々は決して笑えない」
  13. 第13話 「それが平和でも俺の心は穏やかでいられ無い」
  14. 第14話 「不安は拭えても俺の冷や汗までは拭えない」
  15. 第15話 「馬鹿にされても俺の親父は髭を生やしてない」
  16. 第16話 「土に埋めても俺の異世界生活は金色にならない」
  17. 第17話 「コーナーに入っても俺のレースには差をつけられる相手がいない」
  18. 第18話 「体育館に足を運んでも俺の写真は一枚も貼られていない」