エンケラドゥスで待っている

作者 Han Lu

29

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

 物語の根底には道筋というものがある。
 この物語はHan Lu様でなければ十中八九破綻するに違いない。
 経験の蓄積あってこそ、タイトルからラストへの滑らかな流れが完成する。
 ラストの一文を読んだ時、秀逸なタイトルの意味を感じるといい。
 
 何気ない日常に垣間見える違和感。それが紐解かれていく様を目の当たりにした時、この作品を読んだ誰もが思うだろう。
『風が吹けば桶屋が儲かる』と。
『エンケラドゥスで待っている』とは、つまりそういうことだ。

★★★ Excellent!!!

なんと言っても雰囲気がいいホラー小説です!
なにげない当たり前の日常生活が、ジワジワと奇妙で不気味な世界に変貌していきます。

日常生活からスルリと入り込む奇妙な違和感。
その違和感が拡大してグラリと揺れていく世界への価値観。
信じていた世界が壊れて、自分までもが崩壊していくような不気味さ。
そして最後にすべての謎が明かされるクライマックス。
最後に訪れる何とも言えない奇妙な読後感!

もう完璧です。
読みやすいのにしっかりと引きずり込まれる文章力の高さ。
ジワジワと不気味さを盛り上げる構成の巧みさ。
淡々として奇妙で、そのくせ妙に印象深いキャラクターの数々。

この作者さまの物語はいろいろと読んでますが(どれもハズレなしの傑作ぞろい!)、この物語は個人的にすごく刺さりました。

謎めいたタイトル『エンケラドゥスで待っている』の意味が分かるとき、この物語の真の面白さが訪れます。
ぜひ読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

同じ時代に生きていることを、幸せに思う存在があります。
私がすぐ思い浮かぶのは、将棋の羽生善治さん。野球選手だったイチローさん。
小説家では、むっふっふ♡
私、星新一先生の『ショートショートの広場(というタイトルだったと思う)』に応募したこと、あるんですよ♡たぶん、星先生に見ていただけるところまでは、行ってないと思うのですが、ガクッ★
それでも、星先生と同じ時代に生きたことは、至上の幸福です♡

この小説は、ホラーかな?と思っていたのですが、SFです。
でも、ただのSFではありませんっ!
『読者様の中に、宇宙人、死んだ人、情報統合思念体っぽい人がいたら、私のところに来なさいっ!以上』

凄い作品です。50年前だったら、『ヒューゴー賞』『ネビュラ賞』『星雲賞』の日米SFタイトル総なめレベル。
Han Lu先生が50年早く生まれていれば、星先生、小松左京先生、筒井康隆先生と並んで、SF4大重鎮と呼ばれていたに違いありません☆

ですが私的には、今の時代にHan Lu先生がいてくれることが幸せに思います。

この作品、ちょっと不気味な表現があったり、ゾクッ、っとする部分はありますが、ホラーとは違います。
むしろ、謎が謎を呼び、
「これ、めちゃくちゃ書いてんじゃないよね?」
と疑心暗鬼になるかもしれませんが、後半で完璧に収束します。
その手腕の巧みさには、
「お見事です♡」
というよりありません☆

同じ時代に、こんなにも素晴らしい作家さんがいるということを、あなたにも是非知って欲しい♪

★★★ Excellent!!!

閲覧注意はちょっと違うかもしれませんが……(笑)。

でもなんというか、読み終えたあとにくる「ゾクッ」とする感触。
「怖い」っていうのは色々なパターンがありますよね。

お化けが出てきて「ギャー」っていうのとか
グロいシーンで「うぇぇぇ」ってなるのとか

そういうのではない、なんともいえない「ゾクッ」がこの小説にはあります。
繰り返しますが、トラウマになるような怖さではありません。
そこは安心して良いかと思われます。

そしていつもこの作者さんが素晴らしいなぁと思っている「タイトル」。

『エンケラドゥスで待っている』

本当に素晴らしい。

そうなんだ。そういうことなんだ。でも……。
その最後の謎がラストシーンにギュギューっと詰まっています。

夏と言わず、冬でも春でも秋でもおすすめな小説です!