第3話 ケイネスおじさん

「ケイネエエエエエス!!!!」

おじさんの声が響いた。

「なんだ?」

「え?」

「なに?」

幾人かの人は、いきなり大声をだしたおじさんを見た。

あとの人は何も反応していない。

絶対に聞こえているはずなのに。

「ケイネエエエエエス!!!!」

おじさんは再度吠えた。

そしてぶつぶつとなにかいいはじめた。

「2179457247…………原爆投下294733830483ケイネス、ケイネス」

「ケイネエエエエエス!!!!」

まわりの人々はケイネスおじさんに振り向き、ほくそ笑んでいる者や、怒っているの?など言っている人がいた。



駅前の喫煙所スペース。

ケイネスおじさんは携帯片手に闖入する。

「1938471……」

「ケイネエエエエエス!!!!」

さすがの喫煙者たち、なにも反応しない。

かなり近くでケイネスされた男の人だけがそそくさと去って行くのみだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

宮上 想史 @miyauesouzi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

参加中のコンテスト・自主企画