宮上 想史

第1話 看護婦さん

山田さん「うんこがしったいなあ」

看護婦さん「山田さん、いっつもいっててでないでしょう」

山田さん「とにかくいきたいんだよお」

看護婦さん「私一人じゃできないから、人呼んでくるから待っててねえ」

看護婦さんは違う病室で違う仕事を始める。

めんどくさいので相手にしていないのである。

山田さん「看護婦さーん、看護婦さーん」

山田さんが呼んでも、声は届いていない。

ベットの柵をガタガタと鳴らす。

ナースコールを鳴らす。

看護婦さんが来る。

山田さん「うんこがしたいです」

看護婦さん「ちょっとまっててねえ」

看護婦さんはまた違う仕事に向かう。

また、山田さんはナースコールを鳴らすが鳴らないようにされたのであろう、音が鳴らない。

看護婦さんは、呼ばれたくないのである。

山田さん「看護婦さーん、看護婦さーん、お願いします!お願いします!」

山田さんは看護婦さんに無視されている。

山田さん「看護婦さーん!!」

やっと、来てくれた看護婦さんはいつも山田さんがうんこがでないのを知っているので浣腸をすることにした。

しばらくすると……


山田さん「看護婦さーん、うんこがでそうです。お願いします、看護婦さーん」

山田さんはあいかわらずナースコールを押しても無視されている。いや、鳴らないのだ。

山田さん「看護婦さーん!看護婦さーん緊急事態です!お願いします緊急事態です、どうすればいいんですかああ」

山田さん「指示してくださーい!看護婦さーん!指示して下さーい!」

むなしくも山田さんの声は届いていない。

山田さん「あああああああああああああああああああ!!!!!漏れそうです!うんこが漏れそうです!!!ああああああああああああああああああああああああ、ここにだしてもいいんですかああ、ああああああああああああああああ」

山田さん「看護婦さーん!うんこが止まりません。うんこがとまりません!どうしたらいいんですかあ!看護婦さーん!うんこが止まらなくて苦しいよおおおお」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます