失恋の対角線

作者 九乃カナ

34

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

現実と非現実の交わり方が上手で、いつから夢見てたんかな…っていうあの感覚が蘇りました笑。作品をフォローしていただき、ありがとうございます。素敵なお話にも出会えてホクホクしています。小さい頃の妄想と現実の境にいる、夢見がちな昔の自分を思い出せました。夏の終わりにぴったりなお話をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

これは実にうまく丁寧に描かれた「魔術的リアリズム」作品。

設定はかなり身近な青春物語なのに、要所要所に非現実的な描写が散りばめられ、主人公テイの心が単なる文字の説明よりずっと青く純粋に感じられる巧みな技を使われています。

そして、過去をきちんと清算する部分と、未来を明るく照らす終わり方、かなり完成度の高い短編です。

打ち込む競技は違えど、まさに「カクヨム甲子園」にふさわしいと思いました。

★★★ Excellent!!!

この夏読むのに相応しい、素晴らしい作品です。高校最後の夏か始まる物語。散りばめられた背景描写と綴られる心情…素晴らしい作品です!この夏を駆け抜けた人、これから季節が巡る人。ぜひ読んで頂きたい作品です!おすすめです!