フレームイン!

沼犬

イントロ

 写真を撮る。

 それは真を写し出して残すこと。


 シャッターを切る。

 それは記憶を記録にする魔法の呪文。


 カメラを構える。

 そして自分の感性を曝け出す。



 カシャリ。

 その一瞬で。


 ミラーが上がる。


 先幕が開く。


 映像素子へと光が届く。


 後幕が閉じる。


 ミラーが下がる。


 映像素子へと光が記録される。



 カシャリ。

 その一瞬で。


 今が、時間が、一瞬が。


 光の塊になって閉じ込められる。



 今、この一枚に全力で。

 心のすべてを押し出して。

 私の人差し指は、シャッターを切る。


 一枚、二枚、三枚と。

 無我夢中でシャッターを切る。


 過去も、未来も全部忘れて。

 今、この瞬間を切り撮り続ける。


 思考も嗜好も全部捧げて。

 世界をフレームに納め続ける。


 暗転、明転。

 繰り返す。

 レンズを通して見る世界。


 生身では見えないその世界を。

 私にしか見えないこの視界を。


 誰か一人でもその胸を刺せるように。


 私はシャッターを切り続ける。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る