#57:共鳴する/させる


「……でも経緯はどうあれ、今回の件、いろいろありましたけど、そして本当はどうしていいのか、最後まで分からなかったところもあるんですけど……私にとってはすごい……えーと、印象的な出来事でしたっ」


 最後、言葉を濁した感はあるものの、本人の口からそう言ってもらえて、俺は少し、救われた気持ちになる。


「その……君には、凄い迷惑をかけたというか……正直、申し訳ないという気持ちでいっぱいなんだけど」


 かろうじて、そんな事を口走ることしか出来ない。おいおい、本当に大概にせえよ。


「迷惑とか……そういうこと言うのやめてくださいっ。私は嬉しかったんですから」


 咎められてしまった。ああー、その後に続く言葉を、俺は聞きたいような、聞きたくないような、微妙な心持ちだ。いや、ことここに至って聞かないわけにはいかないだろう? 耳を傾けるんだ、他ならぬ、自分の娘の放つ言葉に。


「さくらさんと柏木さんとの追体験? ……それをすることで、私は、両親に近づけた気がするんですから。だから迷惑じゃないです。わかってるんですか? 柏木さん」


 めぐみはあくまで悪戯っぽい笑みを湛えながら、俺に、殊更にぶっきらぼうに、なじってくるわけだが。そんな言葉も、凄く愛おしい。


「……私、実感したんです。お父さんお母さんが超のつくほどの大恋愛をした末の、望まれて出て来た子供なんだって。だから、私は幸せなんです。何か異論あります?」


 笑顔のめぐみの目が赤くなっていることに気づいてしまった俺は、もはや何も言えないわけで。異論など、あるはずも無くて。


「……そう言えば、何で今でも『さくらさん』って呼ぶんです? 自分のお嫁さんですよね? 何か他人行儀すぎるっていうか……」


 めぐみ。そこは分かってないか。いや、俺以外に分かりようも無いかもしれないが。


「変わらないんだ。俺はずっと変わらなくさくらさんを愛しているから。はじめて出会った時のまま、ずっと変わらなく、今でも心から愛しているんだ。だから他に呼びようなんてない」


 めぐみの疑問に、被せるようにして性急に発せられた俺の言葉は、ついにめぐみを俯かせてしまったわけで。ごめんよ。こんな父親なんだ。許してくれ。


「……私、お父さんが、お母さんのことを、心から愛していたって、実感できて、すごい、嬉しかったんですから。それを押し込めて、さくらさん演じることの、大変さ、を、少しは分かってくださいよ!! 柏木恵一っ」


 震える声でそう言い放ったまま、めぐみはそっぽを向いてしまう。何とも言えない。ふがいない俺を許してくれよ。


「……日記も見ました。あなたの、小学生みたいな、稚拙な日記を。へたくそ、へたくそー」


 めぐみの顔はもう涙でぐしゃぐしゃだったが、精一杯の言葉に、俺も何かが込み上げてきてしまう。


「さくらさんに……お母さんに会いたい。会いたいよぉー」


 顔を覆ってしまっためぐみに、かける言葉はやはり見つからない。せいぜい俺に出来ることと言えば、側に寄り添い、その肩に手を掛けるくらいしかないわけであって。


 つくづく駄目だな、俺は。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます