#26:告白する


「……びっくりしちゃった。恵一があんな必死な顔でお父さんに食ってかかるなんてっ」


 「予知夢」だ。例の如く始まった。そのことの認識は出来る。しかし……その内容がいきなり度肝を抜かれるものであったわけで。


【……言ったことは本当だよ】


 少しの高揚感に包まれた、それでいてほどよくリラックスした声色。おいおい、随分余裕で喋れるようになってるじゃあないか。僕の声。まごうことなき、いつも聞いている僕の声だ。でも、その口調やらそれに込められた感情やらは、何かやたらと真摯だ。や、やれるじゃないか、僕も。


 遠目に見える空は真っ暗だ。住宅街、だろうか、街灯が照らす狭い路地を、僕はさくらさんと共に歩いているのだろうか。その姿が僕の視界の右側に見え隠れするところから、おそらくは隣同士で、そして……手を繋いでいるのだと思う。


「……」


 僕の目を、はにかんだような魅力的な微笑で、さくらさんは無言のまま、覗き込んでくる。今回着ているのは、ベージュというよりは、クリーム色のピーコート。首には緑色と黄色の線状の模様がある……何というかはわからないけど、長めのマフラーをぐるぐると巻いている。


 季節は冬? ……いや、それよりも僕に向けられたその口調……そして「恵一」と自然に呼びかけていたよね? し、進展していると言っていい。僕とさくらさんの距離感は、この間の「予知夢」よりも確実に縮まっている……!! 


【……僕はまだ一人前になれてはいないのかも知れないけれど、それでも君を想う気持ちは本当だよ。お父さんにも、必ずわかってもらえるはず】


 うーん、これはもう結婚とか、その辺りの雰囲気感だよね……そして僕のこのメンタルイケメン感も相当なものがあるな……何か気恥ずかしい。自分に酔ってるとしか思えないよ。大丈夫かな、自分の事ながら。


「……私、恵一と出会えて良かった。ふふ、あんな出会い、そうは無いと思うけど」


 紡ぎ出される言葉から、さくらさんの熱が伝わってくるようだ、僕の「意識」は、一歩引いたところから俯瞰しているかのような、ふわふわとした感じだけど。そんな、傍観しているばかりの「僕」を置き去りにするかのように、


【……好きだ。ずっと。ずっと好きだ。これからも多分】


 言った!! 自分の事ながら、傍観者としての「僕」の胸にも、何か説明出来ないような熱いものが込み上げて来ていた。


「多分?」


 いたずらっぽく、そう小首を傾げた、さくらさんの両肩を掴む僕の両手。


【……絶対に】


 目を閉じつつ、にこりと微笑む、さくらさんの顔が間近に迫ってくる。しかし、その絶妙な瞬間に、無粋なキュルキュル音が訪れてきたわけで。今回はもう少し待って欲しかったな……と、幾ばくかの残念感の余韻を残しながらも、僕はこの「予知夢」の内容にはこれ以上なく満足しつつ、暗転の時を待つ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます