#18:同意する


 やるべきことは全てやった。切るべきカードは切り順間違えずに切った、たぶん。後はさくらさんがこの提案に乗ってくれるかどうかだ。さっきは「同行します」と言ってはくれたけど、やはり医師の立場からはGOサインは出しにくいのでは……? そしてそもそも外出許可が出るのかもわからない。断られたらどうしよう、とままならない身体を、それでも車椅子の上で強張らせていた僕だったが、


 -『ピネカ』なら、私も何度か行ったことあります。


 さくらさんの返答は、少し弾んだ、何か楽し気な感じだった。おお、と僕はその好感触に心の中で拳を握る。


 -小さめの場内でスクリーンもコンパクトなんですけど、その分、没入感は大きな箱より上かな、なんて思ってるんですよね。


 これは「予言」の為せるわざなのか。恋愛ゲームで最適解を選んだ時のような、ぐいぐい感じる手ごたえに僕は内心、快哉を叫んでいた。


 -小さい頃、お父さんに連れて行ってもらったな……私は『セーラームーン』の映画が観たかったんですけど、その当時『ピネカ』では新作はあまりやってなくて、リバイバル上映していた『スターウォーズ』の『ジェダイの復讐』を何故か一緒に観たことを覚えています。いきなりシリーズものの『3』で、しかも大して興味も無かったので、かなり序盤で寝ちゃいましたけど。そうだ、お詫びみたいな感じで、帰りにうな重を食べさせてもらったことも覚えてます。ふふ、ごめんなさい、私の思い出はどうでもいいですよね。


 どうでも……どうでもよくはない。さくらさんの子供時代の、お父さんとのすごく心に響くエピソードだ、と僕は思った。エピソード、つまりは「記憶」。今の僕にそれが無いから、なおさらそのように感じるのかもしれないけど。いや、そんなことを考えている場合じゃない。ともかく、


「予言2」が、実現に向けて確実に突き進んでいるのを感じ、何というか怖さも含めた高揚感が、僕の胸の奥には沸き上がってきていたわけで。


 -来週の水曜日はいかがでしょう。私はお休みなんですけど、柏木さんに付き添って映画に出かけることは可能だと思います。『ピネカ』は車椅子でも観賞できるスペースがありましたし、ここからでしたら一時間もかかりませんですものね。何というか、最適かと思います。


 さくらさんはそう言ってくれるが、おいおい、まるでやらせが如く物事が進むじゃないかと、突っ込みを入れそうになるところを、僕は何とか押しとどめる。来週の水曜日はつまり「9がつ30にち」、予言が示したその日なわけで。予言って本当に……何なんだ。


「ぜ、ぜひお願いしますっ!! も、もちろんにおいに関しては充分注意しますので!!」


 上ずった声でそう勢い込んでしまった。もっと余裕を持てないのか、僕は。けど、その一方で、僕は当日に行うべき「偽装工作」について思いを巡らせている。聴覚による記憶想起……本当は起こらないそれを、あたかも起きたかに思わせるトリックを、これから詰めていかなくてはならない。さくらさんを騙すことを、これからは決意を持って行わなければいけない。それがどう運ぶのかは、今のところ全く読めはしないけれど。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます