天藍エンゲージ! ー新人女子パイロット空戦記ー

作者 相葉ミト(青猫海葉)

71

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

・緻密な航空機、飛行シークエンス、格闘戦の描写

・ツンデレ教官とサポート百合AIとの三角関係(?)

・総力戦を否定する、という目的に沿って、ロジカルに設計された物語世界

「空戦×ラブコメ×SF」の名に違わない傑作であり、それぞれの要素を眺めるだけでも楽しめる今作。一見するとバラバラに思える、それらの要素をまとめあげた作者の技量は言うまでもないのだが、一つ、注目したい存在がいる。

それは、主人公ユキの命の恩人と説明される「薄花桜」のことだ。ネタバレになってしまうので、あまり詳しく書けないが「薄花桜」は「空戦×ラブコメ×SF」の三要素が、高い水準で物語へと昇華した、その証のように思える。

深く深く物語の核にまで届いた、その設定の手際は、まさしく脱帽の一言。「薄花桜」はただユキが再会を願うだけの相手ではなく、彼女たちが生きる世界の在り方にまで、影響を与えただろうと推測できる。

「天藍エンゲージ」は美しい完結を果たしながら、意図的に残された作品の余白に、続編を期待せざるを得ない作品である。恐らくは、ユキの出自にまで関係するであろう「薄花桜」の、今作における活躍と、素晴らしい小説を完成させた作者の今後の動向に、注目していただきたい。

★★★ Excellent!!!

頑張る空軍女子主人公の、空戦ミリタリー&SFアクションです。
幼少の頃に命を助けられた空色の戦闘機を追って空軍に入り、数々の試練と障害、様々な人との出会い、頼もしい相棒AIの連携などをこなしていくのですが。
これまた、描写が非常に丁寧で面白い。
空戦の描写なんかは本当に見事かつ大迫力だったので、何度か舐めるように見てしまいました。いやはや、よくぞここまで書き上げられるものです。素晴らしい。

そんな空戦を中心としながらも、ストーリーも重厚で、なおかつ、ほんの少し織り交ぜられてる恋愛要素もいいスパイスになっております。

外伝なんかもあったら、是非追いかけたい。

★★★ Excellent!!!

航空SFと一言で言ってしまえばそれまで。ただ、異常なまでに繊細で丁寧、そして細かい航空機の描写は、読者の頭を壊す勢いで脳内にFOX4してきます。
 なぜ細かすぎる描写なのに、頭に入ってきてしまうのか。これはもう、その書き方が丁寧すぎて理解せざるを得ないのです。また脳内で補完させずにはいられない、そんなかっこよさがあります。
 機体のコックピットに座り、一連の離陸までの動作を行う。
 飛んでいる間、パイロットは何を考え、戦っている間、動翼がどのように動き、そして機体がどんな動きをするのか。
 最初から最後まで、超重量級の知識と文章が脳内に吸い込まれていくのです。

 それだけではありません
 主人公は若い女性であり、上官がいて、同僚がいます。
 戦争という状況の中、本人の目的とどう向き合っていくのか。対人関係。そういった、人間らしい話もまた、綺麗に書かれています。
 この作品が参加しているコンテストを見ればわかる通りです。
 SF、とくに戦争モノでは、ただ戦争を書くものと、人間的な描写を書くものと、いくつか種類はあると思いますが、この作品は後者です。
 戦闘描写も然ることながら、ただ戦闘機に乗って戦争をいるだけではない。その中で、主人公が何を考え、何に心を揺さぶられ、どう動くのか。彼女という一人の個人を追いかける、人間的な話が、物語を美しく彩り、非常に面白味を出しています。