#07 翻る反旗

#07-01: この日が来ることは

 二〇九八年十一月二十五日。その日に受けた奇襲攻撃は、確かに私たちの運命の分かれ道となったんだと思う。


 ネーミア提督率いる第一艦隊グリームニルは、その日練習航海に出ていた。第一艦隊ということは、アルマやレニー先輩も一緒だということだ。


 その一方、第二艦隊グルヴェイグに所属する私たちは、陸上でレオンや他の歌姫セイレーンたちと共に、セイレネスの訓練を受けていた。訓練、いや、訓練という単語にかこつけたチューニングである。こんなもの、訓練にすらなりはしないのだ――実戦を経験した今ならよくわかる。無駄とは思わない。でも、虐殺の精度を上げるための調整をしているのかと思うと、うんざりする瞬間は幾つもあった。上層部にしてみれば、第一艦隊や第二艦隊の戦闘は、の確定したゲームなのだ。どう勝つか。どれだけ圧倒できるか。彼らにはその程度の認識しかない。


 その時だ。戦闘シミュレーションが突如として終了した。何が起きたかわからないまま、私は暗闇の中で待機する。ブルクハルト中佐からそのように指示が出たからだ。何が起きたのかこの時にはわからなかったのに、恐ろしく心細く、不安になっていた。私以外もきっとみんなそうだっただろう。


 やがてシミュレータの蓋が開く。私は眩しさに目を細め、視界の回復を待つ。その間に、ブルクハルト中佐からの指示がスピーカーを通して届く。


『今すぐニュースを見てくれ』

「ニュース?」


 私は慌ててポケットから携帯端末を取り出して、臨時ニュースの見出しを目にした。そして愕然とする。


「第一艦隊が……ネーミア提督が、反乱……!?」

「どういうことなんだ、これ」


 上から降ってきた声に顔を上げると、私のシミュレータに手をかけるようにして立っているレオンがいた。私たちは多分、素っ頓狂な顔をしていたと思う。何が起きたのか、文字だけでは理解できなかったのだ。


『わたしは現時刻をもって、ヤーグベルテより離反する。アーシュオン連合艦隊と共に、わたしは今から統合首都を目指す』


 淡々と流れたその声は、まぎれもなくイザベラ・ネーミア提督のものだった。合成やらなにやらではない、間違いなく本人の声だ。その音声の背景には、セイレーンEM-AZがレニー先輩の戦艦ヒュペルノルを撃沈している模様が映っている。


「う、うそ……」


 私はシミュレータから立ち上がることもできず、ただ映像を睨んでいた。反乱を止めようとしたレネ・グリーグの戦艦ヒュペルノルを、イザベラ・ネーミアが撃沈せしめた――。


『わたしはヤーグベルテの在り方に、愚かにして傲慢なる国民に、強く抗議する。歌姫セイレーンを使い捨てにし、あまつさえそのすら利用するその不遜不逞ふそんふていなやり方に、わたしは強く抗議する。その外道なる振る舞いを平然と行う事のできるモラルの低さに、わたしはいい加減うんざりした! そんなものを、わたしたちの生み出すものを受け取るだけ受け取り、そして日々血を流すこともなく享楽に耽溺たんできするだけの者たちに、わたしは本心よりいかる。おまえたちは恐怖し、後悔し、摩耗していくわたしたちに一片の想いすら馳せぬ。ただまるでゲームのように戦争を眺め、たのしみ、好き勝手な御託を並べ立てるような愚劣な思考の持ち主どもに、ただ利用されることに対して、わたしの我慢は限界を超えた!』


 リアルタイムテロップと共に、その声は響く。私の手は震えていた。あまりに突然に沸き起こったこの事態に、私の思考力はキャパオーバーを迎えていた。


『わたしはヤーグベルテ本国に対し、宣戦布告する。今からこのわたしが、このくだらない世界を終わらせてやろう。我々使い捨ての玩具の想いを、その身を以て知るが良い!』


 なにが起きてるの?


 私はレオンを見る。レオンは私を強引に立たせ、シミュレータから引きずり出す。モニタールームにいたはずのブルクハルト中佐の姿が見えない。その時、擦過音と共にドアが開いて、アーメリング提督とカワセ大佐が入室してきた。


「ニュースを見ましたか」

「は、はい……」


 私は携帯端末をしまう。尋常じゃない雰囲気なことだけは、今の私にも理解することができる。それだけ、アーメリング提督の顔は青白かった。


「つまり、そういうことです」

「反乱というのは……事実……なんですか」

「そうです」


 言いながら、提督は私たちの目の前まで歩いてくる。その唇は確かに戦慄わなないていた。


「私たちの艦隊は、反乱軍の迎撃、および殲滅を命じられました」

「殲滅……!」


 私とレオンが同時に息を飲む。私はそこでようやく、三色頭の親友のことに意識が及ぶ。


「あの、アルマは……」

「その点は心配いりません。パトロクロスはシステム不調により艦隊を離脱していましたから。現在は第七艦隊の保護下にあります」


 よどみのない説明。だが、私には納得がいかない。


「どうしてレニー先輩を殺す必要があったんですか」


 私の問いかけに対して、アーメリング提督は唇を噛んで黙り込んだ。後ろに立つカワセ大佐は何も言わない。表情も変えない。


「第二艦隊は」


 アーメリング提督が平坦な声を発する。


「ただちに邀撃ようげきのために出撃します」

「提督……しかし――」

「もしイズーに聞く気があれば」


 メガネがギラリと輝いた。


「あなたの問いには答えてくれるでしょう」


 その言葉は、まるで鋭利なナイフのようだった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます