セイレネス・ロンド/セルフィッシュ・スタンド #MSB01

作者 一式鍵

小説の累計PV数

528 PV

エピソードごとの累計PV数

#01-01: ガール・ミーツ・ガール 6 74 PV
#01-02: アイドライズド・セレモニー 5 35 PV
#02-01: ディーヴァの想い 4 24 PV
#02-02: 浴場にて、レオンと。 4 20 PV
#02-03: 戦争は娯楽じゃないんだぞ 4 15 PV
#03-01: ディーヴァたちは夢を見せるのをやめた 4 14 PV
#03-02: 十字架を引き受ける 4 19 PV
#03-03: イザベラの処女戦、傷は深く、されど。 3 13 PV
#03-04: 嘆くより先に 2 15 PV
#03-05: 深い淵に、隠した歌 3 15 PV
#04-01: セルフィッシュ・スタンド回収事件 2 11 PV
#04-02: エリオット中佐との対話の中で 3 12 PV
#04-03: 私たちって、いったいなに? 3 10 PV
#04-04: 雨の墓地にて、カワセ大佐とハーディ中佐が睨み合った 2 8 PV
#05-01: 平和って、何だろう。 2 13 PV
#05-02: 私の上官はレベッカ・アーメリング。 2 10 PV
#05-03: 訓練中、視察に訪れた提督と話す。それは――。 3 11 PV
#05-04: 初陣、私が唱えたのは、崩壊の音だった。 3 13 PV
#06-01: 陸に戻りて、私は……。 3 10 PV
#06-02: 提督との衝突 3 12 PV
#06-03: きみは言葉が足りてないって、わたしはいつも言ってるだろ? 3 15 PV
#07-01: この日が来ることは 3 9 PV
#07-02: 憧れのあなたと、もっと話をしたいと思っていました 3 10 PV
#07-03: 生首の歌姫たちと、私は出会ってしまった 3 11 PV
#07-04: 始まるのよ、マリー。覚悟を決めて――提督はそう仰った 3 11 PV
#08-01: レオンの一芝居 2 19 PV
#08-02: 総力戦、しかし――。 3 14 PV
#08-03: 劇場型査問会 3 13 PV
#08-04: サムからの取材 3 11 PV
#08-05: 恥を知りなさい! 3 13 PV
#08-06: 背明のセイレーン 3 10 PV
#08-07: 平和という戯言の下で、私たちは向かい合う 3 13 PV
#08-08: あなたが幸せでも、私は哀しいんだ! 3 11 PV
#08-09: 涙を流す権利は、あなたにもあるでしょう? 3 14 PV