巨乳はツライよ

作者 赤染紫乃

75

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

僕は最初、「巨乳」という単語にスケベ心が突き動かされて、このエッセイを読みにきた。


然し、全く知らない、巨乳の女性にしか見えない世界が、そこにはあった……。


そこの貴方、特に男性諸君よ。
貴方は女性のことを理解しようと、少しでも思っているか。
デカければいい訳じゃない、そのことを知る気はあるか。

ある、ならば今すぐこのエッセイを開け!
もふもふネコ様からのお言葉だぞ!
もふもふ、ネコ様からの、お言葉、だぞ!!!!


ごめんなさい嘘です調子に乗りすぎました。
今気に入ってるエッセイなので、ぜひ、ぜひとも……お願いします。

★★ Very Good!!

どうせ自虐風の自慢だろと思って読んでみたら、生活上の地味な苦労が出るわ出るわ。でも当事者からすると笑えんでしょうね。

ボタンが弾け飛ぶのはフィクションかと思ってましたが、想像したらひどく恐ろしかったです。

読んでみておっぱいに幻滅するということもないと思うのでレッツトライ男子。

★★★ Excellent!!!

題名からして面白い。
男だったら、思わず読んでしまう。

しかし、内容は、巨乳女子の苦悩が!

昨今、巨乳キャラばかりが世の中を席捲していますが、世の中の男性は、もう少し巨乳の方の苦労をしるべきではないでしょうか。

男性は全員この作品を見ることをお勧めします。

★★★ Excellent!!!

おそらく男性の本能なのでしょうね、女性の胸やお尻に目がいくの。魅力的だもの。私も女だけれど胸とかお尻見てるもん。
大きな胸ってそれだけで女性の魅力も大きくて素敵で惹かれてしまう。けれどそんな魅惑的な胸を持っている女性の気持ち考えたことある?どれだけの辛さがあってどれだけ頑張って魅惑的な胸を持ってると思う?大きな胸が好きな男性陣はこの作品を読んでありがたみを感じるといい。
私は貧乳というかもはや乳無しだけれど巨乳には憧れない。胸が大きな人の悩みをたくさん聞いてきたから。そんな悩みを抱えつつも強く生きる巨乳の彼女たちはとても素敵だと思う。
是非、巨乳の向こう側にあるその女性自身の魅力にも気づいて欲しい。