第三十九話 かまくらの中の一悶着


 スピカとルナがかまくらを作った。

 あまり大きくなくて、三人で中に入るとギュウギュウになってしまった。


「なんでこんなところにみんなして入らにゃならんのだ?」


 俺が困惑して聞くとスピカとルナはにっこにこで回答した。


「だって楽しいじゃないですか?」

「ねー?」


 俺も歳なのか、そういうのに鈍感になってきちまった。ガキの頃は雪さえあったら一日中遊んでられたんだがね。

 左右でスピカとルナは体育座りでにっこにこなのだ。


「さて、それでは会議を始めましょう!」


 ようやく本題に入る様にしてスピカが喋ったが、俺には何のことかわからない。

 するとスピカがむーと俺を睨んだ。


「白達磨ドレス[絆]の会議ですよ!」

「え、あれはルナがもらったんじゃないの?」

「そ、そうだよ! これはぼくの!」


 ルナは白達磨ドレス[絆]をアイテムポーチから出して、ギュッと両手に抱く。


「えぇええ〜! なんでそうなるのですか〜!」


 あれ、スピカは大声を出して反論した。


「それ、絆装備ですよ! ふたおらの世界でも上位陣御用達のレアアイテムなのです! さっきの白達磨の隠れ家でのミッションクリアは3%の確率での奇跡なのですよ! お姉様が持ったら宝の持ち腐れです!」

「ななな! タカラノモチクサレじゃないもん!」


 エ、なぜちょっと片言なのだ。言葉の意味、わかっとるか?


「だってお姉様、その装備の効果もよく知らないでしょ?」

「え、えぇっと、わかるもん!」

「じゃ、いってみなさいよ!」

「あ、あぅ、にぃに……っ」


 俺の右肩に顔を当ててルナは泣いてしまう。


「ほら、そうやってお姉様はいつも、にぃにに泣きついたら何でも許されると思ってる! にぃに、この子に惑わされてはダメです!」

「ああ、ほら泣くなよルナ。喧嘩はやめようぜ、スピカ」

「なぁ……っ」


 しまった。これにスピカは両目にうるうるの涙を溜めてしまった。

 そのまま、くしゅっと鼻水をすすって、ポロポロ泣かれてしまった。


「にぃにのばかぁああ〜」


 そのまま、カマクラから飛び出してしまう。


「あ、おい!」


 俺は慌てて追いかけるが、スピカはメチャクチャ速かった。つるつるの丘を両膝でかわいく滑り降りて、そのままピュ〜と中心街の方へと走り去ってしまった。

 俺はやっちまったと顔に手を当てる。ルナも赤いほっぺでカマクラの中から、呆然と妹の消えてった方向を見ていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます