第二十四話 ちゅいた〜んのうわさ


「見てください、にぃに、お姉様!」


 妹の双子ちゃんに続いて崖の階段を上ったあと、少し休憩していたら、開いたウィンドウでインターネットを見ていた妹スピカが大声を出した。

 三人で透明な氷塊に座っていた。最初これが《氷の塊》ではないかとドキドキしたが、調べてみてもアイテムではなくただの椅子でがっかりした。


 スピカは『ちゅいた〜ん』という中高生に人気のSNSを開いていた。現在進行形で人々のぼやきが流れて賑わっておる。


「わたし、ふたごおんらいんについて少し調べてみました。そしたら、ほら!」


 彼女の顔の前のウィンドウに人々のぼやきが連続して流れた。


《今話題のスノウタウンのお餅プレイヤー、シャとりました!》


「シャとりってなぁにスピカ?」


 ルナが子供っぽく質問したら、やはり先生風にスピカは回答した。


「シャッター切るの略です。つまり撮影したって意味ですね?」

「ほんとだ!」


 次にルナがびっくりする。スピカがスクロールした先にルナとスピカが並び、歌いながら微笑むかわいいスクリーンショットが写っていた。


「きゃ〜、ぼくだ!」

「わたしです!」


 画像の下に《いいっスね 112》と表示があった。

 俺は詳しげなスピカに訊ねる。


「この《いいっスね》って何だ?」

「共感度です。つまり、112人のお方がこの写真のかわいさに共感しました!」

「すごい」


 俺は素直に感心する。

 次々にスピカがスクロールしていく。


 アイテム屋の店員に怯える双子ちゃん。《いいっスね 259》

 猫飯NYAで大泣きする双子ちゃん。《いいっスね 578》

 雪山で「「ばかばかばかばか!」」と怒り合う双子ちゃんの動画。《いいっスね 1056》


 この世界にいる変態の数に恐れ入る。


「このグリムニルさんとのPvP動画なんて《いいっスね 2120》です!」

「すごーい!」


 ちょうどアザレアを雷撃で倒したシーンだ。コメントがすごいことになっている。


《二人ともレベル2の初心者だろ!》

《金銀の天使すげー!》

《でも兄はヒキニート》

《すげーよ、こんなザコでもかわいい双子ちゃんいるだけで有名人()》

《でも炎上商法》

《双子=天使 兄=う〇こ》


「おい、こいつらに暴言吐いてよろしいか」

「にぃに、気を確かにっ!」

「今の時代、悪口じゃ数には敵いません。ここは冷静に……!」


 スピカのウィンドウで喧嘩を試みたらむろん二人に止められた。

 結果、お尻の硬くつるつるした氷塊に、見返してやるの決意を込めて俺は座り直した。


  to be contined...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます